冬至の日はいつ?かぼちゃと小豆を食べる意味や由来は?

由来は縁起から来ている?

red-beans-585489_1280

冬至にかぼちゃと小豆を食べるのが浸透していった由来ですが、昔は冬至の頃から徐々に運気が上昇すると言われ信じられていたそう💡

 

冬至の頃に「ん」がつく食べ物を食べると良い運気を呼び込めると言われていたので、名前に「ん」がつく食べ物を使った料理が浸透していったのだとか(‘ω’)ノ

 

「ん」がつく代表的な食べ物としては、以下の5つの食べ物があります。

スポンサーリンク

「れんこん」

「かんてん」

「ぎんなん」

「きんかん」

「なんきん」

など。

 

なんきん(かぼちゃ)は英語のパンプキンでもいけますね。

 

小豆の赤い色は邪気を払ってくれるので厄除けになり、かぼちゃと一緒に煮込むことでより甘みが出て美味しく食べられるので、冬至にはかぼちゃと小豆がセットになって食べられるようになったそうです。

 

健康で居られて、運気も上がると信じられているので冬至にはかぼちゃと小豆はセットで食べるようにしたいですね。

 

[youtube id=”M2P1pIOvDo0″ align=”center”]

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・冬至の日の意味

・かぼちゃや小豆を食べる意味や由来

などについてご紹介しました。

 

冬至の頃から寒さも本格的に厳しくなってくるので、かぼちゃや小豆を食べて栄養をつけたいですね。

 

年末になるに連れてクリスマスや忘年会、初詣、福袋などイベントや外出の機会も多くなると思うのでくれぐれも体調管理には気をつけたいですね。

 

万全な体調で年を越して翌年のスタートを切れるようにするためにも、冬至の時だけでもかぼちゃや小豆を食べると良いのではないでしょうか。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket