副鼻腔炎の主な症状と原因とは?自然治癒を待つよりも病院へGO

副鼻腔炎が起こる原因

industry-611668_1920 (1)

副鼻腔炎が起こる原因としては、色々なものが考えられますが細菌感染がほとんど💡

種類としては、肺炎球菌やインフルエンザ菌ブドウ球菌などの細菌や風邪を引いた時に細菌に感染することがあります。

 

また、花粉症などのアレルギー歯の炎症から鼻の奥に細菌が侵入することで発展することもあるそう。

 

その他にも、急激な気圧の変化や外傷、ストレス、大気汚染、極端な偏食なども原因となることがあるようです…

スポンサーリンク

ストレスや疲れが溜まっていたり、しっかりと食事が摂れていない時など抵抗力が弱まっていると特に発症しやすくなります💧

 

副鼻腔炎になっても、あまり症状が出ない人、もしくは出てもあまり気づかないケースもあるようですね( ;∀;)

 

でも、自力で自然治癒というのはなかなか難しいことなので早めに治療を始めることをおすすめします。

 

最後のページでは、病院での治療方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket