雑菌が臭い原因はバクテリアが生み出す成分?ニオイの消し方と再発予防対策

 

 wash-bowl-1253905_1280

 

雑菌が繁殖すると、時間が経てば経つほどイヤな臭いがすることがあります。

 

お風呂場に置いているタオルや洗濯物など、生乾きの状態であったりするとどこからともなくイヤな臭いがすることがあります。

 

臭いが発生する原因や成分には、一体どんなものがあるんでしょうか。

 

また、臭いがしないように防ぐ方法、一旦臭いがついたらどうやって消すと良いのでしょうか。

 

今回は、雑菌が臭い原因とその成分、消し方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

雑菌が臭い原因とは?

 

budget-999377_1920

 

きちんと洗っているのに衣類から発生する嫌な臭いは、雑菌が繁殖する時に生み出す臭いの分子からきています。

 

衣類に雑菌が発生しやすいのは、生乾きで水分を含んでいる状態だったり皮脂などの汚れも洗い残し、洗濯機についているカビが付着したことなどが主な原因です。

 

洗濯機の中は意外と汚れているもので、目にはあまり見えませんが洗濯槽の中には長い間掃除をしていないと黒いカビがびっしりとついていたりします。

 

また、洗濯物を山盛り詰め込むと洗浄力が低下することで十分に洗い流しが行えていない場合があるのだそう。

 

洗剤も沢山入れればその分良いというわけではなく、適量を入れないと洗い残しの元になってしまいます。

 

こういったあらゆるものが重なって雑菌を発生させて、繁殖すると臭いがきつくなるようになっています。

 

 

雑菌のにおい成分ですが、これは常在菌の一種によって生み出されるものなのでこのバクテリアを知りしっかり除去することで臭い対策になるはずです。

 

次のページでは、イヤな臭いを生み出すバクテリアについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す