ユキノシタエキスの原料と効能とは?化粧品に配合される目的・作り方

bergenia-912858_1280

ユキノシタ科ユキノシタ属に属する植物を原料としそこから抽出した成分のことを、ユキノシタエキスと呼びます。

 

ユキノシタは岩場や湿った日陰などに自生する多年草のことで、白い花びらを雪に見立ててその下に緑の茎と葉っぱがあることから、「ユキノシタ」と呼ばれるようになったと言われています。

 

民間薬として、また、食用としても古くから親しまれてきた植物の一つでもありますね。

 

現在では、多くの場合化粧品の成分の一部として使われていますがその配合目的は一体何のためなんでしょうか。

 

そこで今回は、そんなユキノシタエキスの原料や効能、自分で出来る作り方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ユキノシタエキスの効能とは?

saxifrage-1174685_1920

ユキノシタは、薬草としては抗炎症作用があるとして火傷や凍傷の手当て、中耳炎やかぶれなど接触性皮膚炎、虫刺されにも良いものとして使われてきました。

 

煎じて飲むことで風邪の症状改善や予防、解熱や解毒としても作用があると言われています。

 

美肌にも作用することで知られていて、活性酸素の除去が出来るのでエイジングケアに良く紫外線の影響で皮脂が酸化するのを防止するので肌をダメージから守ります。

 

そのため、美白にも作用することでも知られています。

 

その他にも、ニキビ予防、肌トラブルの改善、シミ・シワの改善等にも良いと言われ老化を防ぎ肌の修復にも役立つのだそう。

 

そのため、化粧品では主に化粧水や美容液、乳液、それからクリームなどの基礎化粧品に含まれていることが多いです。

 

次のページでは、化粧品に使われる原料やその他の成分についてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す