封筒の切手を貼る位置はどこが正しい?横書きや複数の場合は?

日本では、色々な場面でマナーを意識することが多いと思いますが手紙を出す時も特に目上の人や会社に出す手紙などであればいつも以上にマナーを意識します。

 

手紙を出すこと自体少なくなっていることも影響しているのかもしれませんが、たまにふと手紙にはどんなマナーがあって何が正しいのかわからなくなることがあります。

 

特に、切手の位置って普段そこまで意識していないせいかたまにどこだったっけと思うことがあります。

 

一般的には封筒といえば縦長の縦書きになったものが多いですが、横長で横書きのものもよく使われています。

 

また、本来は縦に使う縦書きの封筒を横長にして使うというケースもあります。

 

なので、縦書きではわかるけど横書きの場合は?また、切手が複数の場合は?とわからなくなってしまうこともあります。

 

そこで、今回は封筒の切手の正しい位置と貼り方、横書きや複数の場合、重さの目安などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

封筒に正しい位置で切手を貼る

手紙を出す時、縦書きの場合は左上に切手を貼るというのは誰もが知っていることだと思います。

 

右上に郵便番号を記入する欄があって、そこから少し空白を空けた左端に切手を貼ることになります。

 

ですが、縦長の封筒を横向きにして使う時やもともと横長の封筒を使う場合は、右上部に切手を貼るのが正しい位置になります。

 

私も、遠方の友人に手紙を出す時に横長の封筒を使って間違って左上に貼ってしまったことがあります。

普段縦書きの封筒で手紙を出すことが多いので、あまり深く考えずについ横書きなのに左上に切手を貼ってしまったんだと思います。

 

ポストに入れてしまってから気づいたので遅かったですが、目上の人や企業あてに出す時などはもっと気をつけなければと思いました。

 

横書きの封筒なのに、縦書きのように左上に貼ってしまうと機械に通した時に消印が出来なくなるので正しい位置に貼る必要があります。

 

そこで、封筒を縦長にした時に左上にくる位置に貼ると覚えておくと貼る場所に迷わなくなります。

 

横長にして封筒を使う場合の右上部分縦3.5cm×横7cmの範囲内に切手を貼る必要があります。

 

複数の切手を貼る時などこの範囲からはみ出してしまうと機械での消し印が押せずに手で押すことになるので時間も手間もかかってしまいます。

 

なので、出来るだけこの範囲内に切手を貼るようにするとスムーズなんですね。

 

次のページでは、切手の向きと複数貼る場合についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す