パソコン起動時に表示されるSkypeの警告表示を消す方法

無料で音声通話やチャットが出来るスカイプは、プライベートでもビジネスでも欠かせないツールの一つ。

 

パソコンやスマホにインストールしている人は多いと思いますが、便利な反面度々エラーや通信障害が起こることもあります。

 

私のパソコンでも、ある日を境に突然警告表示が出るようになり色々と対策を取った結果時間がかかりましたが無事消すことが出来ました。

 

この現象で対処に困っている方が多いようなので、今回解決した方法をご紹介していきたいと思います。

 

バージョンアップについての警告ダイアログが表示されていて困っているという方に、参考になればと思います。

スポンサーリンク

ある日突然警告が表示されるようになった

 

古いノートパソコンに入れているスカイプなのですが、ある日突然パソコンを起動させてから警告が表示されるようになりました。

 

その内容というのが、私のパソコンにインストールされているスカイプのバージョンで問題があるとのこと。

 

パフォーマンス向上のため、最新バージョンのスカイプをダウンロードしてくださいという内容のもの。

 

スカイプはノートパソコンを購入した頃(既に10年ほど前)にインストールしたのですが、今までこういった警告は一度も出ませんでした。

 

最初はそのうち消えるだろうと思っていたのですが消えず…しかも、一度右上の×マークをクリックして消してもまた時間が経つと表示されるんです。

 

パソコン起動時ではなくスカイプを起動させるときにこの警告が表示されたり、初回起動時にのみ表示されるなど色々なパターンがあるようです。

 

そのままにしても、何日経っても消えそうになく邪魔だったので対策を取ることにしました。

 

警告の表示では、最新のバージョンをダウンロードしてくださいとのことだったのでまずはインストールしているスカイプのバージョンの確認から始めました。

 

バージョンを確認する方法

 

スカイプのバージョンを確認するには、まずログインしてホーム画面になったら「ヘルプ」をクリックします。

 

「アップデートの確認」という項目があるのでそこをクリック。

 

ここで、「Skypeは最新版です。」と表示されたら、既に最新バージョンなのでダウンロードの必要がないため次の手順は飛ばして後述している「警告ダイアログを消す」に進んでください。

 

ここで、最新のバージョンが表示されていた場合「ダウンロード」をクリックします。

 

ダウンロードしたら、スカイプのライセンス契約のところにチェックを入れ「インストール」をクリック。

 

無事インストールできると、自動的に再起動されて新しいバージョンのスカイプになります。

 

また同じ手順でログインし、「ヘルプ」「バージョンの確認」をクリックし「Skypeは最新版です。」の文字が出たらOKです。

 

自動アップデートの設定になっている場合は、基本的には常に最新のバージョンになっているはずです。

 

自動アップデートの設定になっているかどうかを確認するには、ホーム画面の「ツール」から「設定」を選択。

 

「アップデート」「自動的にダウンロード」にチェックが入っていれば、自動アップデートされる設定です。

 

チェックが入っていなければチェックを入れ、「保存」をクリックします。

 

警告ダイアログを消す

 

Skypeのショートカット上で右クリックし、「プロパティ」にある「互換性」をクリックし「互換モードでこのプログラムを実行」というところにチェックが入っていたら外します。

 

ここで注意なのが、なぜかショートカット上から操作しても上手く実行されないことがあります。

 

私も最初はショートカット上から操作し、「互換モードでこのプログラムを実行」にチェックが入っていたのでチェックを外してみました。

 

でも相変わらず警告ダイアログが表示されていました。

 

そして、今度はSkype.exeでプログラムの検索をかけ表示された時にそこで右クリックをし「プロパティ」の「互換性から」チェックを外したところやっと警告ダイアログが消えました。

 

なので、デスクトップのショートカット上で上手くいかない時はプログラムを検索してそこから操作すると上手くいくかもしれません。

 

これで消えない場合は、一度スカイプをアンインストールしてからまた再インストールすると良いでしょう。

 

アンインストールして再インストールする

 

アンインストールをする前に、念のためバックアップをとって置きましょう。

 

キーボードにあるwindowsキーRキーを一緒に押すと、「ファイル名を指定し実行」ダイアログが表示されるので「%appdata%¥skype」と入力後OKをクリック。

 

スカイプのファイルのフォルダと自分のスカイプ名のフォルダのコピーを取り、デスクトップに貼りつけするなどして保存しましょう。

 

バックアップが出来たら、早速アンインストールに取り掛かります。

 

アンインストール

windows7やXP、Vistaなどはスタートボタンから「コントロールパネル」を開き「プログラムと機能」をクリック。

 

Skypeを探しアンインストールを実行します。

 

再起動させてSkypeが消えていたら、これでアンインストールは完了です。

 

windows10の場合は、スタートボタンをクリック後「appwiz.cpl」と入力し「プログラム」をクリック。

 

Skypeの上で右クリックして一覧から削除するか、アンインストールを実行します。

 

再起動させ、スカイプが表示されなくなったら完了となります。

 

再インストール

スカイプ公式ページから、最新版のバージョンをダウンロードします。

 

バックアップを取っている場合は、スカイプを起動させていたら一旦終了しwindowsキーRキーを一緒に押してダイアログが表示されたら「%appdata%¥skype」と入力。

 

OKをクリックし、保存していたフォルダをコピーして貼り付けしたら完了です。

 

通常はこの工程で警告ダイアログが消えるはずです。

 

私の場合は、skype.exeから「互換モードでこのプログラムを実行」のチェックを外したことで消えたので再インストールする必要がなかったわけですが実はすぐに消えたわけではありません。

 

数日はずっと表示されたままで、これはやっぱりアンインストールして再インストールしないとダメかな?と思っていたら何日かして気づいたら消えていました。

 

それ以降は、もう一切警告表示が出ていないので完全に消えてくれたものと思っています。

 

消えるまでに何日かかかったので、出来れば再インストールは最終手段の一つとして考えている場合はとりあえず数日待ってみても良いかと思います。

 

それでも消えそうにない場合は再インストールしてみると良いと思います。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

スカイプで警告ダイアログが表示された時の対処法についてご紹介しました。

 

スカイプのバージョンが古くて警告が出るのならわかりますが、最新バージョンなのに表示されるのは謎です。

 

しかも他に不具合があるというわけでもないのに…

 

起動したときに一度表示されるだけならまだ気にならないかもしれませんが、私の場合は消しても時間が経てばエンドレスで再び表示されるので結構邪魔でした。

 

作業をしていたら急にふっと警告ダイアログが現れて、ビックリして消してまた現れて…という感じで。

 

もし警告ダイアログが自然に消えないのであれば、ご紹介した方法を一度試していただければと思います。





スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す