紫外線対策は夏だけでなく冬も必要?使えるおすすめグッズランキング5選!

夏の時期は、日照時間も長く太陽の照り返しも強く紫外線を浴びる機会が多い時期ですが実は紫外線は年中浴びる可能性があります。

 

なので、冬の時期も同様に紫外線対策をかかさないようにすることが大事になります。

 

地球に届く太陽光線の中でも、波長が短くエネルギーの大きい光を意味する紫外線は浴び過ぎると皮膚や目に悪影響を及ぼすことがあるので適度に紫外線をカットする対策が必要です。

 

そこで、今回は冬も気をつけたい紫外線対策と、使えるおすすめグッズランキング、食べ物などについてまとめています。

スポンサーリンク

紫外線は冬でも浴びるもの

the-sun-470317_1280

紫外線は1日のうちで朝10時ごろから午後4時頃までは強く、直に太陽の光が当たっていなくても地面や建物に反射したものや空気中に漂っているものです。

 

なので、直接太陽の光が当たっていなければ紫外線を浴びていないということではなくたとえ日陰だとしても紫外線対策は必要になります。

 

紫外線にも、二種類の波長があり一つはUVA波、もう一つがUVB波というものになります。

 

UVA波は、波長が長く肌に当たるとすぐに目に見えるような悪影響を起こすわけではないですがシワになったり、シミのきっかけになると言われています。

 

冬でも、夏と比べると30%ほどのUVA波がある状態なので全く紫外線対策をしないでいると年を取ってからシミやシワにつながるかもしれません。

 

UVB波は、肌に当たると直接赤みを引き起こす波長の短いものですがこれに関しては冬はもっと少なく夏と比べると25%程だと言われています。

 

なので、夏は日焼けして肌が赤くなっても冬は肌が赤くなるほど日焼けすることはありません。

 

ですが、ゼロでもないので外に出かける時は特に日焼け止めを塗る方が良いと考えられています。

 

日焼け止めは薄く伸ばしながらたっぷりと塗り、2・3時間おきにこまめに塗りなおすのがベストです。

 

普段出かける時は夏でも冬でも15から30程度のSPFPAは+が二つか三つくらいのもので大丈夫ですがアウトドアや外での長時間のスポーツでは夏でも冬でもSPF50など高めのもので汗や水に強いものに切り替えるなど工夫して使いたいですね。

 

衣服については黒は光を吸収するから紫外線の影響も受けやすいとか、白なら紫外線を吸収しにくいとか言われたりします。

 

しかし、実際は色を重視するよりも細かい編み目の生地のものを選ぶほうが良いと言われています。

 

そうすれば、肌に直接紫外線が当たることが無く影響が少ないと考えられています。

 

いくら、紫外線カットと書かれていたり白い衣類でも光を通すようなざっくりとした網目だとあまり意味がないようです。

 

紫外線対策と言えば、まず日焼け止めが大事でその他にサングラスや帽子、日傘、アームカバーなどは定番ですね。

 

その他にもUVカットスプレーや車での移動が多ければUVカットフィルムの使用もおすすめです。

 

最近はUVカットの服も多いですが、普通の服に出かける前にスプレーをするだけで紫外線を防いでくれます。

 

何も対策をせずに運転しているとあっという間に手や腕が真っ黒になってしまうように、車の中に居ても紫外線をかなり浴びているのでUVカットフィルムもあると便利だと思います。

 

~紫外線対策グッズランキング5選~

①フェイスカバー

②UVカットマスク

③帽子

④サングラス

⑤アームカバー

次のページでは、食べ物でも出来る紫外線対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す