お洒落な男性用扇子の選び方。ビジネスマナーで気を付けることとは?

a0002_001587

うちわと同じく手で風を起こす用途で使う扇子。夏祭りや屋外でのイベントなど浴衣や甚平などを着る際に持っていると便利ですよね。

 

しかし、何もプライベートでなくても会社や出先などでも汗が止まらないような時に使うこともあります。

 

節電対策としてエアコンの温度を高めに設定していれば、ずっと屋内に居る分には良いですが外から入った直後だと汗が滝のように流れ出ることもあります。

 

ハンカチの代わりに使われることがある扇子、今回は男性用の扇子でおしゃれなもの、選び方やビジネスでのマナーなどについてまとめています。

スポンサーリンク

お洒落な扇子はこんなもの

 

まず初めに、扇子には男性向け扇子と女性向け扇子がありますが微妙に大きさが違います。

 

男性用の扇子は閉じた時の長さが約22cm、女性向けが約19cmとなり、男性のものが3cmじほど大きめです。

 

柄や色に関しては男性用のものはシックで落ち着いた色合いや柄のもの、女性向けのもののほうが全体的に色鮮やかで華やかなものが多いです。

 

最近では約21cmくらいの男女兼用サイズのものも見られ、大きく仰ぐことが出来て控えめな印象の男性用の扇子を選ぶ女性も多いほど男女での差はなくなってきています。

 

扇子には紙製と布製がありますが、紙製は風量がありますが耐久性に劣るという弱点があります。

 

なるべく安価なものが良いという人や一夏ごとに気に入ったものを買い換える場合は、紙製のものを選ぶと良いでしょう。

 

布製は風量は劣りますが耐久性に優れ、高級感もあるので贈り物にもおすすめです。

 

普段着やスーツなど様々なシーンで使いたい人は、骨組みの部分が茶色と白の二色の扇子を用意して使い分けると何にでも合わせられるようになり便利なのだとか。

 

中の骨が14本、骨組みの竹が占める面積が広いもの、閉じた時になるべく平たいものが最も良いと言われています。

 

人によっては14本の骨から更に何本か骨を抜いて扇子が完全に開かない状態にした扇子を好む人もいるので、骨組みは少な目のほうが格好良い印象です。

 

柄は世代問わず好みになりますが、色合いが落ち着いたものは年配の人に、明るめのものは若い世代に人気のようです。

 

扇子には、夏らしい柄のものを中心に色々な柄がありますが実は縁起が良い柄というものも存在します。

 

なので、縁起の良い柄を選ぶことで仰いでいる姿を見た人から良い印象をもたれる可能性があります。

 

・トンボ
トンボは、優雅に空を飛びますが前にしか進まない虫なので後退しないことから勝ち虫と呼ばれることがあります。
退かず、勝利を呼ぶ虫と呼ばれ古くは兜や鎧の装飾、着物の柄などにも使われています。

 

・鮎
鮎は、春から初夏位の季節になると川上りをする魚です。
その姿が、トンボと同様後退しない、上に向かって突き進んでいくという意味から縁起が良いと考えられています。

 

・馬
勝ち馬に乗る、という意味で勝った人、力のある人の味方につくということで縁起が良いと考えられています。
目上の人が見れば、好印象を持たれることもあるようです。

 

プライベートだけで使うのであれば、どんな柄でも良いですがビジネスシーンでも使うことを考えればなるべく縁起が良い柄を選ぶと良いかもしれません。

 

使う自分が良いだけでなく、見た取引先の人や目上の人もまた良い印象を持つこともあるからです。

 

次のページでは、ビジネスマナーで気をつけたい扇子の使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す