初心者の方におすすめの登山用レインウェアの選び方

norway-772991_1280

健康のため、趣味のため山を登る人は多いと思いますが登山に欠かせない物の一つがレインウェア

 

天候がコロコロと変わりやすい山頂では、いつ雨に打たれても良いように必須ですよね。

 

でも、レインウェアと言っても本当にたくさんの種類がありますし一体何を選んだら良いかわからないこともあると思います。

 

そこで今回は、

「初心者の方におすすめする登山用のレインウェアの選び方」

についてまとめています。

スポンサーリンク

レインウェアは防水性と透湿性が大事

 

天気は晴れ、気温もそこそこ高く暖かい雲一つない日は最高な山登り日和になりそうですよね。

 

雨の日の登山は足元が不安定で滑りやすく危険なので、登山予定日が天気予報で雨と予めわかっていれば避けたほうが無難。

 

でも山の天候は急に変わることも多く、晴れていてもいきなり雨が降ってくることもあるのでレインウェアは常に携帯している必要があります。

 

天気予報は晴れだったから…!

とレインウェアを常備していないと、すぐに下山できなければビショビショになってしまいますから💦

 

レインウェアには様々なタイプのものがあらゆるメーカーから出ていますが、上からスッポリかぶるポンチョのようなものではなくしっかり防寒・防水する為にもジャケットタイプが良いです。

 

素材に関しては

・防水性

・透湿性

があるものを選びましょう。

 

登山は汗をかきやすく体力の消耗もしやすいので汗をかいたらすぐ発散してくれるような生地が良く、代表的なものにはゴアテックスがあります。

 

ゴアテックスは、防水性と透湿性に優れた優秀な素材で汗をかいて出る水蒸気は外にすぐに発散しますが雨は通しにくいです。

 

なので、レインウェアとしても欠かせない素材の一つとなっています。

 

ゴアテックスを利用した有名なメーカーだと、代表的なのが以下のようなもの。

(モンベル)mont-bell トレントフライヤー ジャケット

ダウンなどでも有名なモンベルですが、国産登山用品メーカー。

ゴアテックス採用で透湿性がモンベルのレインウェアの中でも最も高いと言われていて、軽くて着やすい・動きやすいタイプのジャケットでもあります。

 

(ザ・ノース・フェイス)THE NORTH FACE クライムベリーライトジャケット

ゴアテックスの新しい裏地C-KNITバッカー導入のジャケット。

スッキリとしたシルエットでコンパクト、登山以外でも大活躍します。

 

マムート GORE-TEX ALLWEATHER Jacket

全ての天候に対処するゴアテックス2レイヤー採用。

多機能でありながら、見た目はとってもシンプルなので色々なシーンで使えます。

 

次のページでは、色はなるべく派手なものを選ぶ理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す