化粧パフの洗い方と使う洗剤はどうする?洗った後の乾かし方は?

 

 

女性なら、多くの人がより肌を美しく見せたりより綺麗で居られるように化粧をすると思いますが化粧に使うメイク道具のメンテナンスも欠かせません。

 

特に、毎日使うであろうフェイスパウダー用のパフ、ファンデーションのスポンジ、チークブラシなどは汚れやすいです。

 

定期的に洗うことで得られるメリットも多いので、しっかり汚れを落として清潔な状態でメイクが出来るようにしたいですね。

 

そこで、今回は化粧パフの洗い方と使う洗剤、乾かし方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

化粧パフの洗い方

 

化粧パフは、気付かずにそのまま使っているとある時ふとパフだけ見ると汚れていることに気付くことがあります。

 

そして、洗わなきゃと思うのですがメイクして出かける時はあまり時間がないことが多いので次に持ち越しになり結局すぐには洗えていなかったりします。

 

しかし、汗が出やすく雑菌が繁殖しやすい夏場は特にあっという間に汚れが蓄積されてしまい冬でも夏ほどではなくても雑菌は繁殖します。

 

新しい化粧品を買うと、化粧ノリが良いと感じるのはパフやスポンジが新しく清潔であるからという理由もあるようです。

 

それだけ、普段使っているパフやスポンジが汚れていることが多いということですね。

 

同様に、新品ではなくても定期的に洗い清潔な状態を保つことでこんなメリットがあると考えられています。

 

・化粧ノリが良くなる

・ニキビが出来にくくなる

・パフ自体の劣化を防ぎ長く使える

 

皮脂、油分は酸化すると取れにくくなるので汚れがかなり蓄積される前に洗ってしまうのがベストですね。

 

洗い方としては、まずは洗面器などボウルになるようなものを用意しそこにぬるま湯を溜めてまずはぬるま湯でもみもみ洗っていきます。

 

ブラシの場合は、もみ洗いが出来ないので瓶などを用意して毛先を洗っていくような感じです。

 

洗剤の色が濃い場合は、まだまだ洗う必要がありますが無色に限りなく近くなってきたらすすぎに移ります。

 

水の色が限りなく無色に近く、泡などもでなくなったらしっかり水気を切って乾かすというのが一通りの流れになっています。

 

使う洗剤になりますが、洗うメイク道具によって違ってくるのできちんと合った洗剤で洗うことが大事です。

 

次のページでは、汚れを落とす際に使う洗剤の種類についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す