パラベンフリーの意味とは?その種類と安全性は?アレルギーの可能性は?

bach-flower-therapy-187800_1280

化粧品を始め、シャンプーなどの成分表示を見てみると記載されていることが多い「パラベン」という成分。

 

パラベンとは「防腐剤」のことで長い間同じ品質を保てるようにするためのものですが、最近はパラベンが入っていないもののほうが良いと言われたりします。

 

それは本当なのか、パラベンの種類や安全性などはどうなのか気になるところです。

 

そこで、今回はパラベンの種類や安全性、アレルギーの可能性などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

パラベンの種類にはどんなものがある?

 

パラベンは、化粧品を始め色々な身近なものに含まれている成分になります。

 

化粧品やシャンプー・リンスなど直接肌に触れるものに防腐剤が入っているとなると、肌に良くないんじゃないかと思ってしまいがちですがパラベンは安全性の高い防腐剤と言われています。

 

毎日使うものであればあるほど、特に化粧品は一日数回は使う機会があると思いますが手からの雑菌が入りやすくなり繁殖もしやすいです。

 

そのため、数か月単位の長い間使うとなるとどうしてもカビも発生しやすくなります。

 

雑菌の付いた化粧品を使えば肌が荒れたり、何らかのトラブルが起きてしまうこともあります。

 

それを防いで、清潔な状態でより長く品質を保持するために防腐剤としてパラベンが含まれているわけです。

 

そんなパラベンには「メチル」、「ブチル」、「プロピル」、「エチル」の4つの種類があります。

 

中でもブチルは抗菌力が強く、唯一水溶性であるメチルはお肌に刺激が少ないといわれています。

 

エチル、プロピルは最も刺激が少ないメチルと最も刺激が強いとされるブチルの間になります。

 

気になるのが、肌に対するその安全性だと思います。

 

次のページでは、パラベンの安全性についてご紹介していきます。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す