引っ越しの準備はいつから?かかる日数と荷造りのコツとは?

 

nimotsu

 

進学や就職、結婚などの機会に多い引っ越し。

 

引っ越しで必要な各種手続きは電話一本で出来たり、ネットから申し込みが出来たり、役所に一度足を運べば済むものが多いですが一番時間がかかるのが荷造りだったりします。

 

そんな荷造りをスムーズに進めて新居へ移った後も荷解きが楽に出来ると、新しい生活も始めやすいはずです。

 

今回は引っ越しの準備を始める時期や期間、準備に必要なものリスト、荷造りのコツについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

引っ越しの準備はいつから始める?

 

paper-606649_1920

 

引っ越しの準備に取れる時間って意外と少ないものです。

 

仕事だったり学校の課題があったりで、休みの日に一気に片付けようと思ってもいざやってみるとなかなかはかどらないこともあります。

 

準備がスムーズに進まないと引っ越し前日や当日にかなりバタバタして、新居に移ってからの荷ほどきも大変だったりします。

 

引っ越し後の負担を軽くするためにも、準備は新居の契約を済ませ今の住居の退去連絡、引っ越し業者の予約、インターネット回線の契約(必要であれば)を済ませる約1カ月前くらいから始めます。

 

準備期間は、余裕を持って2カ月から1カ月を見た方が良さそうですね。

 

荷物がどのくらいあるのかにもよりますが、遅くても2週間くらい前からは本格的に荷造りに時間を割けるようにします。

 

服や化粧品、雑貨など自分で組み立てだったり分解の必要な物や大きい荷物になりそうなもの、荷物が多くなりそうな場合は早めに少しずつ荷造りしていく方が良さそうです。

 

参考:引っ越しのやることリストとやる順番(市内の引っ越し・一人暮らし編)の記事はこちら

 

また、荷造りする時は短時間でスピーディーに終わらせるためにもコツをつかんで荷物をまとめるようにしたいですね。

 

次のページでは、作業が捗る荷造りのコツについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す