MMSとSMSの違いは?iPhoneのメールの種類と切り替え方・見分け方

iphoneでは、MMSとSMSとiMessageが使えるメッセージアプリとEメールが使えるメールアプリの機能がもともとあります。

 

それを使うにはキャリアによって設定が必要になるのですが、最初の設定だけ済ませてしまえば後は楽に使うことが出来ます。

 

それぞれ利用料も違いますし、プランによっては有料であったり無料で使えたりと少し紛らわしかったりします。

 

そもそも、どんな違いがあるのかわからなくなってしまうこともあると思うので今回記事にまとめてみることにしました。

 

iPhone×y!mobileをお使いの方で、それぞれの違いがよくわからない方、MMSとSMSの見分け方の設定、未配信の対処法がよくわからない方はお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

iPhoneのメッセージの種類

 

iPhoneでは、MMS、SMS、iMessage、それからEメールとトータルで最大4つも使えるメールがあるわけですが、最近はLINEがあるのでそもそもメールアプリは使わないという人も多いのではないでしょうか。

 

確かに、普段はLINEさえあれば非常に便利なのですがいざという時にあると便利なのがメールアプリなのです。

 

例えば、先日iphone上で加工した画像をパソコンに取り込もうとしたら未編集の状態でデータが表示されファイルが開けない状態になっていました。

 

これも、メッセージアプリを使ってメールで送ることで解決することが出来たのでこんな時もあると便利だったりします。

関連:iPhoneで加工した画像や写真が表示・取り込み出来ない原因と3つの対処法

 

それぞれの違いと特徴は以下のような感じです。

 

「MMS」

・au、ソフトバンク、ワイモバイルなどのキャリアメールのこと
(例:〇〇@ezweb.ne.jp、〇〇@ymobile.ne.jpなど)

・件名が入力できる

・パケット回線を利用

・写真やファイルも送れる

 

MMSは、スマホ宛てのメールとしても送れますがパソコン宛てのメールとして送ることも出来るタイプのメールです。

 

パケット回線を利用するので、パケ放であれば定額以外の料金はかからないのですがパケ放でないとパケット通信料が発生する場合があります。

 

ちなみに、ドコモにはこのMMS機能がありません。

 

また、格安SIMなどのキャリアメールが使えない場合も必然的にMMSは利用できないということです。

 

「SMS」

・ショートメールのことでauでいうCメール

・件名入力不可、全角で最大70字まで、写真やファイルは送付不可

・電話回線を使って送受信する

・受信は無料でも送信は有料になることも

 

SMSは、MMSやiMessage、Eメールなどと違い最初の設定が不要で基本的にドコモを除いては自社のスマホに送信するのは無料です。

 

しかし、他社キャリアのスマホに送信する場合1通ごとに3円~発生します。

 

電話回線を使うので、インターネットに接続出来ていても圏外だと送受信できません。

 

SIMが入っていないスマホでは使うことが出来ず、タブレットなども対象外となっています。

 

「iMessage」

・アップル製品独自の機能なのでiphone同士、ipadやipod間で使えるメール

・SMSで送ってもお互いiphoneだった場合自動的にiMessageになる

・写真やファイルも送れる

・パケット回線の利用

 

iMessageで送っても、相手がandroidだったりするとSMSやMMSで届くということになります。

 

パケット回線の利用なので、パケ放などのプランに入っていれば無料で使うことが出来る機能です。

 

アップル製品同士だけでのやりとりになるということを除いては、MMSと機能はほとんど変わらないですね。

 

Eメール

・パソコンで使うメールの送受信がスマホでも出来る

・SMSやMMS、iMessageを使うメッセージアプリでなくメールアプリを使う

・パケット回線の利用

 

パソコンのメールをスマホでも見る機会は多いと思いますが、例えばgmailだと別にアプリをインストールしなくてもそのままweb上で見やすかったりするので必要性はなくなりつつあるかもしれません。

 

一番厄介なのは、MMSとSMSの違いがよくわからないということですが簡単に見分けられる方法があります。

 

次のページでは、ややこしい表示の切り替えと見分け方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す