唇がカサカサする原因と治す方法とは?おすすめリップクリームはどれ?

honey-1006972_1920

寒い乾燥した時期は肌も全体的にカサつきやすいですが、特に唇はカサカサしやすいものです。

 

カサカサだけならまだしも、酷い場合は表面の皮がパックリと裂けてしまったり古く固くなった角質が表面にザラザラと残ってしまうこともあり、かなり気になってしまうものです。

 

寒い時期でも潤いたっぷりのプルプルの唇であればお手入れも楽ですし、メイクにも困らないはずです。

 

今回は唇がカサカサする原因と治す方法、リップクリームの使い方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

唇がカサカサしてしまう原因

 

唇はそもそも水分を蓄える角質層がとっても薄く、また皮脂の分泌もほとんどないのでもともと乾燥しやすい部位になります。

 

誰でも乾燥する部分で、そのままにしておいても自然と治ることが多いですがあまり繰り返したり治りが悪いようであればそもそも乾燥が原因ではないのかもしれません。

 

ただカサカサしているだけならただの乾燥の可能性が高いですが、唇が赤く腫れたり皮がむけたり出血したりすると口唇炎の可能性が出てきます。

 

 ・接触性口唇炎・・・口紅や歯磨き粉、化粧品などで起きる炎症。過度に舌でなめることでも起きる。
口紅や刺激となるものの使用を控えることで改善される。

 

icon-check-square-o・アトピー性口唇炎・・・もともと乾燥しやすい肌質に多く、時期関係なく唇や唇周りが炎症を起こす。
たとえ夏場でも乾燥しないように保湿対策が必要。

 

icon-check-square-o光線口唇炎・・・紫外線が原因で保湿しても治りにくく下唇に炎症が起きやすい。
紫外線を浴びないような対策、UVカットのリップクリームは必須。

 

icon-check-square-o剥脱性口唇炎・・・皮がめくれてかさぶたが出来た時に自分で剥がしてしまう繰り返しで起きる。
なるべくストレスが溜まらないようにすること、ビタミンB2を積極的に摂る。

 

など口唇炎には様々なタイプがありますが、そのほとんどの場合は接触性口唇炎またはアトピー性口唇炎だと言われています。

 

刺激や乾燥が原因となることが多いので、刺激となるものの使用を控えて保湿を心がければ症状は改善出来たり防げることが多いようですね。

 

定期的にパックを行うことで、ケアしてあげると潤いが増して保湿にもなり刺激からも唇を守ることが出来そうです。

 

次のページでは、パックで治す方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す