噛んだ時に出来た口内炎の治し方とは?頬の筋力低下を防ぐことも大事?

girl-466133_1280

口の中一杯に食べ物を含み、もぐもぐとしっかり噛んでいると勢い余って頬の内側を噛んでしまうことってありますよね。

 

ただちょっと噛んだだけで済めばよいのですが、思っている以上に歯は鋭いので簡単に口内を傷つけてしまいます。

 

噛んだ場所は血が出て腫れ、そこから白い潰瘍へと変わり口内炎になってしまうことも多いはずです。

 

そんな時に、あまり酷くならないうちに出来るだけすぐに治すことが出来たらそのほうが良いですよね。

 

そこで、今回は噛んで出来た時の口内炎の治し方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

噛んだら口内炎が出来る原因

 

ほんの少し口の中を噛んでしまっても、気付けばそこから口内炎に発展してしまうことは少なくありません。

 

それは、口の中には少なからず細菌が存在しているので、噛んで出来た傷口に入り込んでそこから口内炎へと発展するからです。

 

白く窪んだような丸に近い形をした潰瘍が出来て、一般的にはアフタ性口内炎と呼ばれ最も一般的な口内炎の部類になります。

 

アフタ性口内炎は免疫力低下などで自然と出来るものと、噛んでしまって出来るものが主にあります。

 

急いでものを食べた時などたまたま噛んでしまうこともありますが、たまにではなく良く噛んでしまうという場合は原因があるかもしれません。

 

頬の内側を噛んでしまう原因としては、噛み合わせが悪かったりや元々の歯並びが良くなかったり、頬の筋力低下があげられるそうです。

 

歯列矯正をしたり、頬の筋力を鍛えることで歯や筋肉が正しい位置になると噛まなくなることもあるようです。

 

次のページでは、噛んで出来た時の傷の治し方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す