加水分解コラーゲンが持つ効果とは?水溶性コラーゲンとの違いは?

 

girl-863120_1280

 

お肌にハリや潤いをもたらしてくれる美容に必須の成分であるコラーゲンは、軟骨や真皮など人間の体にもともと存在する物質です。

 

しかし、老化することで減少するので年をとってもプルプルでツルツルな肌を保つためにコラーゲンが豊富な化粧品を使ってケアを行います。

 

コラーゲンにも、普通のコラーゲンと水溶性のものがあり魚の真皮などが原料となるコラーゲンと違い動物の真皮が原料となるのが水溶性コラーゲンです。

 

そこで、今回はコラーゲンの中でも浸透率が高く優秀な加水分解コラーゲンについてご紹介しています。

スポンサーリンク

加水分解コラーゲンの効果

 

コラーゲンは分子の大きさによっていくつか種類があり、それによって作用も違ってきます。

 

分子が細かく浸透しやすくなった状態のコラーゲンを加水分解コラーゲン、コラーゲンペプチドとも言ったりします。

 

コラーゲンはたんぱく質の一種でもともと丈夫で水に溶けない性質を持っていて、保湿効果に優れ、皮膚や髪の表面に膜をはり水分を逃しません。

 

主に化粧品に含まれていて、肌荒れを防いでみずみずしい潤いのある肌を保つことが出来ます。

 

プルプルでツルツルなお肌を目指す人には必須成分の一つなのではないでしょうか。シャンプーに入っている場合は、ツヤを出ししなやかな髪にしてくれるでしょう。

 

生コラーゲンやナノコラーゲンも話題になっていましたが、生コラーゲンは保湿や弾力に優れるものの分子が大きいので肌に浸透しにくいのだとか。

 

一方ナノコラーゲンは、肌のバリア機能までもすり抜けていってしまう程あまりにも分子が小さすぎるので逆に肌に負担がかかってしまうという指摘もあります。

 

コラーゲンを沢山与えて保湿力を増やせばその分良いというわけではなく、適度に保湿するのが良いと考えられています。

 

なので、適度に保湿出来て弾力を出しツヤやハリを与えることが出来る加水分解コラーゲンが注目されています。

 

次のページでは、加水分解コラーゲンと水溶性コラーゲンの違いについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す