ケルセチンの主な効能・副作用。サプリではなく玉ねぎの皮茶を飲むべき?

onions-1397037_1920

 

ケルセチンとは、玉ねぎに含まれる成分の一種であり健康に良いと言われるものです。

 

玉ねぎは昔から、血液をサラサラにする食材として有名で血管強化のためにも食事に取り入れる人も多いはずです。

 

ケルセチンは、玉ねぎの中でも特に実ではなく皮の部分に多く含まれていると言われています。

 

そこで、玉ねぎの皮を使ってお茶にして飲むことでケルセチンを豊富に取ることが出来るようになります。

 

今回は、そんなケルセチンの効果と副作用、玉ねぎ茶のメリットなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ケルセチンの効果とは?

 

cream-onion-885923_1920

 

ケルセチンは血流を良くし、毛細血管、血管の壁を強くし丈夫にするものです。

 

脂肪燃焼作用や脂肪の排出を促し、血管年齢を若くするなど体の内側から若返りが出来ると注目されている成分になります。

 

ビタミンCの吸収をサポートして活性酸素を除去するので、本格的なエイジングケアが出来そうです。

 

一般的には、主に以下のような働きがあると考えられています。

 

○主な作用

・高血圧予防

・動脈硬化予防

・高脂血症予防

・認知症予防

・心筋梗塞予防

・ダイエット

・アレルギー体質の改善

・抗がん作用

 

高血圧や動脈硬化、高脂血症などは色々な病気のきっかけになると言われている症状なのでこれらを予防することが出来れば病気の発症を防ぐことにもつながります。

 

また、高齢化に伴い増えている認知症、心筋梗塞などの症状も防ぐということで年を取っても健康的な体で居られるはずです。

 

その他にも、ダイエットのサポートやアレルギー体質の改善、抗がん作用もあるということで健康維持には欠かせないものになりそうです。

 

そんなケルセチンは、サプリメントタイプが多いですが気を付けるべき副作用はあるんでしょうか。

 

次のページでは、副作用のリスクについてもご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す