河津桜の見頃はいつ?駐車場やアクセス方法は?

 

(写真はイメージです)

日本、和をイメージさせるものとして代表的な花に桜がありますが春には全国各地で色々な種類の桜が咲き乱れて多くの人がお花見を楽しみます。

 

お花見の文化は、日本人が大切にしてきた貴重な文化の一つでありずっと愛され続けている文化でもあります。

 

そんな桜は、一般的には温暖な地域だと早いところで3月中旬頃から下旬にかけて開花することが多いです。

 

3月は暦上では春と言っても、実際は真冬並みに寒い日もまだまだあったりするので春っぽく感じられないこともありますが暖かい地域では一足先に桜が咲き始めます。

 

桜の品種にも色々とあるのですが、河津桜は他の桜よりも開花が早く、落花までの期間が長いので一足早い春を感じながらお花見をより楽しめる桜として知られています。

 

そこで、今回は河津桜の見頃の時期や桜祭り期間中の駐車場の有無などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

河津桜とは?他の桜との違いや特徴

 

桜と言えば、日本では代表的なものが染井吉野やしだれ桜、大島桜、八重桜、山桜などが有名ですね。

 

他にも種類は沢山あるのですが、よく見かけられるもので知名度が高いものと言えばこの辺が代表的な種類になります。

 

これらの桜であれば、どこのお花見スポットでも大体見られるものなので名前からすぐにどんな見た目をしているのか想像がつく人も多いと思います。

 

そして、河津桜は発祥が伊豆半島南東部にある河津町で、この町では川沿いにはおよそ8000本程の桜並木があり散歩をする人達で賑わいます。

 

現在600種程存在すると言われる桜の種類の一つで、大体1月下旬頃から2月頃にかけて咲き始める早咲きの桜です。

 

600種類もあるなんてかなり多くの種類があるんだなと思います。このうちよく知られているのはほんの一握りの少ない数だけですが。

 

1月から2月は、寒い地域では大雪が降って氷点下になる日も多くなる一年でも最も寒い時期になりますが河津桜はそんな寒い時期に咲いてしまう桜なのです。

 

もちろん、雪などあまり降らない比較的温暖な地域で見られる桜なのですが、咲いている期間も約1カ月と長めです。

 

一般的には桜は大体2週間から3週間くらいと、あまり咲いている期間は長くないのでお花見も見頃の時期を外すと少ししょんぼりしてしまうことがあります。

 

開花してから満開になったと思ったらすぐに散ってしまう印象があるので、河津桜であれば通常よりももっと長くお花見を楽しんで満喫することが出来ますね。

 

寒い時期なので、夜までゆっくり外でシートを広げながら宴会というのはなかなかやりにくいかもしれませんが昼間は十分楽しめそうですね。

 

河津桜は、花弁一つ一つが大きく形がキレイで色は淡い紅色といった感じになり染井吉野などの品種よりもピンク色が濃いめで可愛らしい姿が特徴です。

 

 

次のページでは、河津桜の見頃の時期と桜祭りについてご紹介したいと思います。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す