肌断食の方法と効果とは?必要な期間はどれくらい?

 

portrait-of-a-girl-1344645_1920

 

週末の食事を一食だけ抜いたり食事は取らずに飲み物だけで済ますなど、断食やプチ断食をたまにやるのは体にとっても良いと言われたりしますが、実は肌にとっても必要なことであったりします。

 

肌断食も、食の断食と同様に摂取し過ぎた栄養を整えたり体内が持つ自然の力を引き出すという目的があります。

 

もちろん、やり過ぎはよくありませんが適度に断食を行うことは体にとっても肌にとっても良い影響を与えると考えられています。

 

特に、肌質をもっと改善したい時、トラブルが起きた時などに実践すると良いでしょう。

 

今回は、そんな肌断食の方法と効果、必要な期間などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

肌断食の方法とは?

 

cosmetics-1367779_1920

 

足りているということを知ることはとても重要なことで、体の栄養であったり肌への栄養であったり基本的に普通に過ごす分には現代で不足することは稀なことです。

 

何かが不足しているから足して栄養を与えるのではなく、足りているからあえて減らしてあげたほうが良いというのが断食や肌断食の理念になります。

 

体にも肌にももともと人間には自然治癒力というものがあり、本来持ち合わせている自然の力があります。

 

それを無視してあれこれ与えすぎると逆に不調が起きることもあるので、必要最低限のものを残しそれ以外は排除するのが断食、肌断食の一般的な考えです。

 

肌断食は、素肌を健康に保つためにメイクや過度なスキンケアをやめて肌の調子を整えることが大切です。

 

急にメイクやスキンケアを一切しなくなると肌状態が不安定になる可能性があるので、週末だけメイクやスキンケアを最小限にします。

 

例えば、毎週土日が休みだとしたらその前の金曜日の夜から準備を始め、メイクを落としたらワセリンなど低刺激性の保湿剤で保湿だけを行います。

 

土曜日の朝はぬるま湯または水だけの洗顔で、メイクはせず夜は石鹸で汚れを落とし朝も夜も洗顔後に必要に応じて保湿だけ行います。

 

日曜日も朝はぬるま湯か水洗顔、夜は石鹸で汚れを落として肌がピリピリする時など必要に応じて保湿します。

 

そして、週末が終わりまた新しい週の月曜になったら朝からまたいつも通りの洗顔やスキンケアを行うようにします。

 

肌断食は、不必要な栄養を断つことが目的なので紫外線から肌を守る役目をしている日焼け止めはシミを防ぐためにも冬でも欠かさずに塗るようにしましょう。

 

肌の状態を見ながら自分の肌にとって本当に必要なものを見極め、肌本来が持つ力を引き出すよう促します。

 

次のページでは、肌断食をすることで得られる作用についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す