ハウスオブローゼのスクラブは黒ずみが取れる?3つの使い方と使用期限とは?

ボディスクラブとして人気が高い、ハウスオブローゼのOh!Baby ボディスムーザーNは角質が取れると長年人気の商品です。

 

顔も、肌のターンオーバーが上手く行われなければ古い角質が溜まりゴワゴワすることがありますが、体は顔よりも皮膚が厚いのでゴワゴワしやすく部位によっては黒ずみも起こりやすいです。

 

そこで、スクラブを使うことで古い角質を取り除き黒ずみの改善や柔らかい滑らかな肌にすることが出来ます。

 

今回は、そんなハウスオブローゼのスクラブで黒ずみを取る方法、3つの使い方と使用期限などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハウスオブローゼのスクラブで黒ずみを取る方法

 

体でも、黒ずみが出来てしまう部位は色々とあります。

 

特に、ワキや肘の裏、膝、かかとなどは黒ずみが起こりやすく目立ちやすい部位でもあります。

 

黒ずみが起こる原因には色々とありますが、主にメラニンの色素沈着だったり間違ったケアで開いた毛穴に古い角質が溜まってしまうことによります。

 

そして、それらが酸化することで皮膚は徐々に黒ずんでしまいます。

 

夏の時期に、肌を露出する機会が増えると黒ずみが気になってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

ハウスオブローゼのスクラブで最も人気の高いOh!Baby ボディスムーザーNは、そんな黒ずみの改善にも良いと言われています。

 

成分には、PEG-6PEG-32を含みますがPEG-6はリキッドクレンジングによく含まれる溶けやすく保湿性に優れた成分です。

 

PEG-32も保湿成分の一種ですが、PEG-6と比べると水に溶けにくく液体というより固体です。

 

他には、炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム、硫酸ナトリウム、温泉水、シルクが含まれています。

参考:ハウスオブローゼ公式サイト

 

炭酸水素ナトリウムは、重曹とも呼ばれ肌の表皮から優しく汚れや角質などを取り除き炭酸ナトリウムは水に溶けやすく乳化剤の役割があります。

 

硫酸ナトリウムに関しては、入浴剤や洗顔料に含まれていることが多い成分で角質を柔らかくし除去する作用、保温作用もあるそう。

 

温泉水は、アルカリ性のものと酸性のものがありますがアルカリ性のものは古い角質を取り新しい肌になるよう促進する作用、酸性は菌をやっつけて自然治癒力を高める働きがあるのだとか。

 

スクラブに含まれる温泉水は角質を柔らかくするとあるので、おそらく弱アルカリ性だと思います。

 

そして、シルクですが肌を滑らかにして保護する働きがあると言われています。

 

スクラブを使うことで、優しく肌表面の角質を取り除き保湿することで肌の再生能力を高め黒ずみを改善します。

 

定期的に、肌に無理のない頻度で黒ずみが気になる部位に乗せマッサージすると良いでしょう。

 

スクラブの力を借りて、肌の再生を促してあげることで徐々に改善されていくはずです。

 

黒ずみだけでなく、硬くなりすぎたゴワゴワした皮膚も柔らかく滑らかになります。

 

スクラブにも色々な使い方があるので、部位や使用感などに合わせて使い方を変えると良いかもしれません。

 

次のページでは、スクラブの基本的な使い方と他3つの使い方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す