男性ホルモンの影響でニキビが出来る!出来やすい場所と減らす対策

eye-537597_1280

肌荒れと言えば、多くの人が悩んだ経験があるのがニキビではないでしょうか。

 

・中学高校時代の思春期の頃

・就職し社会人として新生活が始まった頃

 

などのタイミングで、一気にニキビが気になったりするんですよね💧

思春期の頃は沢山のニキビが広範囲に出来ることが多いんですが、大人になってから出来るニキビは範囲が限定的だけれどしつこく長く続くことが多いです。

 

もともと脂性肌でもないのに、なんだか最近にきびが出来やすいな…と感じるのであればそれはもしかすると男性ホルモンが増えているからかもしれません‼

 

男性ホルモンは、男性が持っているホルモンですが女性も持っているものでもあるのでホルモンバランスが崩れてしまうとにきびが出来やすくなります。

 

・なぜ男性ホルモンが増えるとニキビが出来やすくなるのか?

・ホルモンバランスの乱れによってニキビが出来る場所

・にきびを減らす対策

などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

男性ホルモンが増えるとニキビが出来る原因

 

いくつかある男性ホルモンの中でも、

「筋肉を成長させたり、モチベーションをあげるなどエネルギーを使うこと」

に欠かせないホルモンがテストステロンです。

 

テストステロンは、皮脂腺を刺激してしまう働きもある為に皮脂の分泌を促しそれが過剰になると毛穴が詰まりやすくなります。

その結果、ニキビが出来やすくなるんですね。

 

ニキビが出来るのは

・過度な洗顔

・脂っこい食べ物の食べすぎ

・油分の多い化粧品の使い過ぎ(水分不足)

などの原因があります。

 

皮脂分泌が正常に行われなくなることからニキビが出来やすくなるのですが、ホルモンバランスが崩れることでもニキビが出来てしまうんですね。

 

男性だけでなく女性にも男性ホルモンはある

 

女性には女性ホルモン、男性には男性ホルモンがあるものですが実は男女それぞれが両性のホルモンを持っています。

女性は女性ホルモンのほうが多いですし、男性は男性ホルモンの方が多いです。💡

 

このホルモンバランスは年齢を重ねたり、生活環境なども関係して上手くコントロールできることもあればバランスが崩れてどちらかが過剰になってしまうこともあります。

 

女性は特に、体の構造的にホルモンバランスが崩れやすいと言われています。

そこにストレスだったり不規則な生活だったりが影響すると、男性ホルモンの分泌量のほうが多くなってニキビなどの症状が現れるようになるんですね(;’∀’)

 

テストステロン(男性ホルモン)の分泌量が多い人

・決断力や判断力に優れている人

・声量が大きい人

・自己主張がハッキリ出来る人

などは、テストステロンの分泌量が多いと言われています。

 

薬指が人差し指よりも長めな人も、分泌量が多い傾向にあるそう。
女性の場合は、少し男性らしい一面も持ち合わせているところがあるそうです。

 

次のページでは、ホルモンの影響で出来やすいにきびの場所についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す