保冷剤の時間は?長持ちさせるには?

 

ice

 

保冷剤は、食品の品質を守り新鮮さをキープするためのものとして欠かせない存在となっています。

 

生菓子や刺身、チーズなど冷蔵するものを購入する時などに簡単に手に入れることが出来て特に食品が傷みやすい夏場は重宝されます。

 

発熱の対処として使ったり運動会やキャンプなどレジャー用に飲み物を冷やしておく道具の一つとして様々な用途にも使われています。

 

最近では、熱中症対策としてタオルにくるんで首の後ろに巻いたりして暑い日を乗り越えている人も多いようです。

 

そんな色々な使い道がある保冷剤ですが、使うからには出来る限り長時間長持ちさせたいですよね。

 

また、使う目的によってはどのくらい保冷剤が必要になるのかわからないこともあると思います。

 

そこで、目的に合わせた保冷剤が使えるようにする為にも今回は保冷剤の保冷効果が続く時間の目安や出来る限り長持ちさせる方法、保冷剤の選び方とおすすめのものなどについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

保冷剤の時間の目安とは?

 

warm-colors-1435348_1920

 

保冷剤と一口に言ってもそれぞれ大きさも違いますし、目的によって必要になる保冷剤の数も違ってくるはずです。

 

それに、最初はしっかりと凍っていても時間が経つとともにどんどん溶けていってしまうのが保冷剤です。

 

出来るだけ冷えた状態をキープ出来るほうが、色々な用途に使えて便利になりますが保冷剤は大きさによって効果が持続する時間がそれぞれ違ってきます。

 

目安としては最も小さいものが30gくらいのもので5㎝×12㎝で一時間半くらい、最も大きいものが1㎏で19㎝×28㎝で20時間ほどとなっています。

 

こんな感じで保冷剤の大きさによってかなり持続時間に幅があるわけなのです。

 

保冷剤の中でも最も小さい物、大きい物はなかなか使うことはないかもしれませんが中くらいのサイズのものであれば冷凍庫の中に数個はすっぽり入る大きさなので最も使えるタイプかもしれません。

 

一般的なサイズである200gで12㎝×7㎝のもので約5時間となっているので、そこまで小さなものでなければ保冷剤は一個でも数時間は効果を維持することが出来るようなので、ちょっとした外出でもなんとか持ってくれそうです。

 

持続時間に関しては、外の気温が20度くらいの環境でクーラーボックスなど保冷作用のある容器の中に入れた状態の目安となっているので、気温が高ければ高いほど持続時間はその分短くなりますし逆にそれよりも気温が低ければ持続時間はより長くなります。

 

例えばキャンプ場やビーチで過ごす時など外の気温がかなり高い時に外で過ごす時間が長い場合は、出来るだけ大きめの保冷剤を用意した方が良さそうですね。

 

その方が食べ物や飲み物の劣化を防ぐことが出来ます。小さいものしかないという場合は、少し数を多めに用意すると良いですね。

 

次のページでは、おすすめの保冷剤のタイプについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す