冷やし茶漬けはダイエットに良い?簡単に出来る作り方とトッピングの選び方

 

chawan

 

冷やし茶漬けとは、その名の通り冷やしたお茶漬けのことです。

 

通常であれば、お茶漬けというとご飯に海苔や梅干し、薬味などを乗せてその上にお湯を注いだ温かいものが多いと思いますが冷やし茶漬けは逆に冷たくさっぱりとしたお茶漬けです。

 

暑い夏になると、少しでも涼しく過ごしたいために何かと冷たい食べ物や飲み物が欲しくなる人も多いと思います。

 

内臓の冷えが気になりつつも、冷たいものを摂ると涼しく感じられるためついつい摂り過ぎてしまったりもしますが、冷やし茶漬けはダイエットにも良いと言われています。

 

今回は、冷やし茶漬けの効果と作り方、まずいと感じる時の対処法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

冷やし茶漬けにはダイエット効果がある?

 

rice-498688_1920

 

冷やし茶漬けを食べると、ダイエットに良いと言われています。

 

暑い夏にさらっと食べられて更にダイエットまで出来るとは、夏には欠かせない存在になりそうですね。

 

米にはデンプンが含まれていますが、冷やすことで「レジスタントスターチ」という普通のデンプンよりも消化されにくいデンプンの量が増えると考えられています。

 

通常のデンプンは小腸で消化されますが、レジスタントスターチの場合は小腸を通り過ぎて大腸で消化されます。

 

レジスタントスターチの場合、デンプンよりもカロリーが低くエネルギーになりにくいため普通に温かいご飯を食べるよりもダイエットにつながるのだそうです。

 

レジスタントスターチは食物繊維の一種ですが、食物繊維には不溶性のものと水溶性のものがありこのどちらの性質も持っています。

 

食物繊維としてもバランスがよく、整腸作用もあるため腸内環境を良くして太りにくい体質になるのだとか。

 

生活習慣病の予防にも期待出来るようなので、現代人に是非お勧めしたい一品であると言われています。

 

お米好き、白米好きは主食なので多いと思いますが炭水化物はとりすぎると太る元になります。

 

血糖値が上がりやすくなりますし、食べ過ぎは体に良いことはありません。

 

それでも、好きなものを制限するというのは難しいと思うのでもし量を減らすことが出来ないのであれば冷やし茶漬けにして食べると良いでしょう。

 

次のページでは、冷やし茶漬けの簡単な作り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す