ヘルペスの症状にはどんな頭痛がある?受診すべき科は脳神経科?

 

ヘルペスは様々な場所に出ますが、出る場所によっては特徴的な症状である水ぶくれが一切出ない、若しくは全く見えないこともあります。

 

激しい頭痛が続いているのに、どこにも悪いものが見つからないという場合はもしかするとそれはヘルペスウイルスの仕業かもしれません。

 

ヘルペスは、放置すれば絶対治らないというわけではなく自然と治る場合もありますがその際には激しい痛みを伴い跡が残ることもあるので気をつけたいですね。

 

 今回は、ヘルペスによって頭痛が起こる症状についてご紹介しています。

スポンサーリンク

ヘルペスによる頭痛の症状

 

 ヘルペスと頭痛は、一見関係なさそうですが実は頭痛の症状は割と起こりやすいようです。

 

頭痛にも幾つかの種類があるので、症状も人それぞれ違うようですが主に以下のものがあります。

 

片頭痛・・・ウイルスが神経を刺激して炎症を起こすことで血管が広がり、ズキンズキンと脈打つような痛みがある。
頭全体というよりは、右か左か片側に痛みが起こることが多い。

群発性頭痛・・・目の奥にある動脈が広がったり、白血球が刺激を受けることで起きる頭痛で激痛が走る。
痛みは激しく、我慢できないような痛みであることが多い。

後頭神経痛・・・後頭部や耳の近くで突き刺すような痛みを感じる。
頭痛だけでなく同時に耳鳴りやめまいを感じたり、顔周辺になんとなく痛みを感じることもある。

ヘルペス脳炎・・・最初は軽い頭痛があり、その後徐々に発熱や意識障害が現れる重い急性脳炎。
確率としては低くても子供から大人まで発症することがある。

 

ヘルペスによる頭痛は、軽い痛みよりも我慢できないくらいの強い痛みの場合が多いので、頭痛持ちの人でもいつもとなんか違ったり初めて感じる頭痛の感覚に気付くことも多いようです。

 

耳鳴りやめまいなど、頭痛以外の症状もいつもと違ったところはないか気をつけたいですね。

 

次のページでは、ヘルペスによる頭痛がある時は何かを受診するべきかご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す