鼠径ヘルニアの主な症状や病院での治療法とは?完治までの目安の期間は?

 

laboratroio-1228623_1280 (1)

 

鼠径ヘルニアとは、いわゆる「脱腸」のことであり本来腹膜と呼ばれる内臓を包む壁のようなものの中に存在する腸が、その壁を突き破って外に飛び出してしまう状態のことを言います。

 

ヘルニアというと、なんとなく腰のヘルニアなど骨や関節に問題があるような感じがしますがヘルニアというのはそもそも元の位置からずれるという意味なので脱腸としても使えます。

 

なので、鼠径ヘルニアというのは脱腸のことを意味します。

 

一般的には中高年代の男性に発症が多いと言われていますが、子供でも発症しますし低い確率で女性も発症することがあります。

 

腹圧がかかりやすい仕事、そういった作業が日常的に多いと発症のリスクは高まると考えられているので注意したいですね。

 

そこで今回は、そんな鼠径ヘルニアの主な症状や治療法、治るまでの期間の目安などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

鼠径ヘルニアの主な症状とは?

 

onk

 

鼠径ヘルニアは、発症すると初期の段階では太ももの付け根辺りにぽこんと腫れのような膨らみのようなものが出来るようになります。

 

膨らみの周辺は、突っ張るような違和感や不快感、引きつるような感じ、軽い痛みを感じることがあります。

 

その膨らみは、何もしていないのに出ているというよりは座っていたところから立ち上がったり、咳をしたり何か重いものを持ち上げたりする時などのタイミングでぽこんと出ることが多いです。

 

膨らみ自体は、指で触って押すと柔らかく引っ込むのですが症状が進むと次第に膨らみが硬くなり指で押しても元には戻らなくなります。

 

その他にも人によっては吐き気や強い痛みを感じることもあるので、油断していると急に症状が悪くなることがあります。

 

おかしな症状に気づいたら、早めに外科を受診すると良いですね。

 

次のページでは、病院での主な治療法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す