ゲリラ豪雨の意味とは?発生する原因や被害を最小限にする対策は?

water-1453071_1920

最近よく聞かれるようになった言葉の一つであるゲリラ豪雨。

 

毎年梅雨から夏にかけての時期になると、必ず日本全国の各地でゲリラ豪雨が起きることがあります。

 

ただの豪雨と思っても、場所によっては簡単に浸水してしまうこともありますし車を動かせないなどの被害もあります。

 

偶然、突然やってくるゲリラ豪雨もありますがどうにか原因を知って対策を取ることで少しでも被害を少なくしたいものです。

 

そこで今回は、ゲリラ豪雨の意味や主な原因、出来る対策などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゲリラ豪雨の意味とは?

wet-868078_1280

ゲリラ豪雨という言葉が使われるようになったのは、2008年ごろからと言われているので比較的新しく使われるようになった言葉です。

 

ゲリラ豪雨は、その名の通り予測不能な短時間で降るまとまった強い雨のことを指し記録的な大雨が降るような時に使われることが多いです。

 

よく「局地的な大雨」とか、「数十年に一度となる記録的な大雨」と言われるかなり激しく降る雨のことですね。

 

一般的な定義としては、数時間単位で数百ミリ程度の雨が降る場合を集中豪雨、数十分程度の短い時間の中で数十ミリ程度の雨が降る場合を局地的大雨と言います。

 

そしてゲリラ豪雨は、どのくらいの雨が降るのか予測不能な場合で急な豪雨を指すようですね。

 

突然前触れもなく発生するゲリラ豪雨もありますが、その多くには原因があるようです。

 

次のページでは、ゲリラ豪雨が発生する原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す