occupational-health-710750_1280

どこか体が痛い時、腫れてしまった時、部分的に熱を持っている時などに症状を改善する為に欠かせないものの一つに湿布薬があります。

 

ただ患部にそのまま貼りつけるだけ良い湿布薬は、家庭の常備薬のようなもので自宅にいつでもストックしているという人も多いのではないでしょうか。

 

そんな湿布薬の一つに、関節痛や筋肉痛、腰痛、リウマチ、術後の鎮痛などにも使われる日本で最も認知度の高い抗炎症薬の一つであるロキソニンテープがあります。

 

病院でも良く処方されることがある万能な湿布薬なのですが、今回はそんなロキソニンテープの効果の持続時間や正しい使い方、副作用などについてご紹介しています。

「ロキソニンテープの効果の持続時間と副作用とは?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

tree-swallow-541186_1280

春先になると、ピヨピヨと小鳥の鳴き声が聞こえてくることがありますが近所の屋根の周辺にいたり飛んでいるのを見かけます。

 

我が家では、レンジフードの中からよくピヨピヨ何やら鳴き声が聞こえてくるのですが姿は見かけたことがないのでどんな鳥が遊びに来ているのかはわかりません。

 

鳥のも沢山の種類がありますが、カラスなどの天敵から身を守るために家の屋根下や玄関付近など人間の生活環境の中に潜り込んで繁殖する傾向のあるツバメ。

 

そんなツバメは鳩同様に、鳥の中でも最も人間と身近な存在の鳥の一種だと思います。そして、ツバメの巣が人間の家に出来ると縁起が良いと言われています。

 

そこで、今回はツバメの巣が縁起に良い理由や衛生面が気になるフン対策と駆除法についてまとめています。

「ツバメの巣は縁起が良い?対策と駆除の方法は?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

風水

パーキンソン病とは、神経変性疾患の一つであり日本では発症頻度の高い難病に指定されています。

 

40代から50代以降の年代に発症が多いと言われていますが、日本は高齢化社会なのであまり珍しい病気ではなくなってきているようです。

 

症状がまだ軽いうちに発見できれば、その分治療の手段も選べるので出来るだけ早い段階で症状が把握できると良いですね。

 

そこで、今回は原因や主な治療法も合わせながら初期症状を見逃さない嗅覚を中心としたチェック法についてご紹介しています。

「パーキンソン病の初期症状を見分けるには嗅覚をチェック?原因や治療法は?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

operation-theatre-555088_1280

重い症状の病気や緊急を要する怪我の治療の時など、主に命の危機に瀕している時に特別な病室で治療を行う部屋のことを集中治療室(ICU)と呼びます。

 

危険な状態から脱し、無事回復するとその後一般の病室にと移されることが多いのですがあまり長くICUに留まってしまうと患者の負担となりICU症候群を発症することがあります。

 

ICU症候群というのは、ICUに入った患者が一時的に起こす精神症状の一つになります。

 

極度の不安から精神に異常をきたしてしまうICU症候群の主な原因や対処法、回復にかかる期間の目安などについてご紹介しています。

「ICU症候群の主な原因や対処法は?回復にかかる期間はどのくらい?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3

少し前の話になるのですが、実家のリビングで母と話をしていたら突然母のスマホに電話がありました。

 

遠方に住む兄からだったのですが、「風疹って昔やってたっけ?病院で予防接種を受けたらって言われているんだけど。」ということでした。

 

早速母は兄の母子手帳を探しに別の部屋に行き、「うんうん。やっぱりやってるね。」と言いながらしばらくして戻って来ました。

 

先天性風疹症候群というのは、ウイルスに対して免疫の無い妊婦さんが早い時期に風疹にかかると胎児に感染してしまう先天性の病気です。

 

生まれた赤ちゃんが障害を引き起こすことがあるので、現在は積極的に予防接種が勧められています。

 

出来るだけリスクを小さく、健康で元気な赤ちゃんを無事に産むためにも対策を取っておく必要があります。

 

そこで、今回は先天性風疹症候群の三大症状と発症の確率、予防接種の内容などについてご紹介します。

「先天性風疹症候群は予防接種で防げる?発症の確率と三大症状とは?」の続きを読む…

ページ: 1 2 3