女性用ビジネスバッグの色のマナーとは?軽いのはどのタイプ?

軽い素材も大事。人気ブランドはどれ?

file-folders-923523_1920

書類やそれをまとめたファイル、手帳に化粧品の入ったポーチ、タンブラーなど働く女性のバッグの中はものがいっぱいでどうしても重くなってしまいがちです。

 

全部必要なものなので、荷物を少し減らそうと思ってもそれがなかなか出来ないんですよね。

 

車や自転車等での通勤ならまだしも、電車や徒歩などで出勤する場合はたった十数分だとしても重ければ重いほど体に負担となり疲れやすくなってしまいます。

 

バッグが重いと女性に多い肩こりも頻発しやすくなりますし、疲れた体には結構キツイものがあります。

 

革製のバッグはそれだけで重いですし雨の日のシミや汚れのお手入れも大変だったりするので、ポリエステルやナイロン製のものがおすすめです。

 

ナイロン製のものはカジュアル感が強くビジネスには不向きとも言われたりしますが、それはそのナイロンにもよると思います。

 

ナイロンと言っても持ち手やベルト、底などパーツがレザーや合皮だったり生地自体が高密度の物であればナイロン特有の艶感も少なくビジネス用としても使えます。

 

ブランドとしてあげると、以下の3つが代表的です。

 

「Felisi」・・・7万円前後でイタリア製のものが多く、手提げタイプ。

「GALLERIANT」・・・4万円前後で男女兼用、ショルダータイプもあり。

icon-check-square-o「Creed」・・・2万円代から5万円くらいで男女兼用、ショルダータイプもあり。 

スポンサーリンク

男性っぽくなりがちなビジネスバッグも、女性らしく持てるものが多いと思うのでご参考までに。

 

また、両手が自由になるので通勤に便利なリュックタイプも見逃せません。

 

普通のリュックであれば、あまり女性向きではないデザインのものも多いですが2way、3wayのものであれば肩掛けバッグとしてもリュックとしても使えるので便利です。

 

男性の間では定着しつつある通勤リュックですが、女性の間でもジワジワと人気が出ています。

 

その理由として、最近はタブレット端末や薄型ノートパソコンなどを携帯する人が増えて以前よりも荷物が重くなったことや自転車での通勤が増えていることがあげられます。

 

書類やファイルだけでなくデジタル機器も持ち運ぶとなると一気に重くなりますし、手提げやショルダータイプは腕や肩が悲鳴を上げてしまいます。

 

そこで体への負担を軽くするためにリュックの人気が出てきているわけですが、通勤する時以外でのリュックは基本的にビジネスにふさわしくありません。

 

リュックタイプを考えている人は、2wayか3wayの手提げやショルダーにも付け替えが出来るタイプを選びましょう。

 

ブランドをあげると、数万円で買えて男女関係なく使えるものが人気です。

 

icon-check-square-o「カナナプロジェクト」・・・2万円前後でサイズも豊富。 

icon-check-square-o「アートフィアー」・・・2万円前後から5,6万円くらいで男女兼用。

ビジネスではもちろんのこと、普段でも使えるようなものもあるので色んな場面で活躍してくれそうです。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

女性用のビジネスバッグの色の選び方や軽い生地、見逃せないリュックタイプについてご紹介しました。

 

探そうと思うと、女性用のビジネスバッグは実際に店舗に足を運んでもなかなか良いのが見つからないことが多かったりします。

 

機能性や使いやすさも大事ですが、やはり見た目が好みの物を使いたいという気持ちもありますよね。

 

上にあげたブランドは機能性も高く、見た目もオシャレなものが多くお値段も良心的なので良かったら参考にしてください。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す