バランスボールのサイズ・選び方とは?効率よく筋力アップするトレーニング5選

バランスボールとは、人が乗っかれるくらいの大きなボールを使って体のバランスを取るものです。

 

もともとは、医療用としてリハビリ目的で使われていたものですがバランス感覚を鍛えるのに優れていること、誰でも使いやすいことからその後日頃のエクササイズとしても使われるようになったのだそう。

 

そんなバランスボールにも、色々なタイプがあり使い方も効果も様々なので自分が日常で使いやすいように取り入れられると良いですね。

 

簡単で手軽、運動をするというよりは遊びの要素で取り入れることが出来るので、運動が苦手な人やどうしても長続きしない人でも一日の中で色々なタイミングで使うことが出来るでしょう。

 

そこで今回は、バランスボールを使って得られる効果、ボールの選び方、初心者にお勧めのトレーニングメニューなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

バランスボールのサイズ・選び方

 

まず初めに、バランスボールのサイズなど選び方についてですが、大きさに関しては一般的には55cmか65cmサイズのものがよく使われます。

 

55cmのものは150cm~170cmくらいまでの身長の人に適していて、65cmのものは165cmから185cmくらいまでの身長の人に適しているからです。

 

それよりも小さい、150cm以下の身長の場合は45cmのもの、185cm以上の身長になると75cmのものが適しています。

 

あとは、耐荷重を確認し「ノンバーストタイプ」を選ぶようにすると良いでしょう。

 

バランスボールは、耐久性があって長く使えるタイプのボールになりますが中に入っているのは空気ですし摩耗していくと傷が出来てそこから破裂することがあります。

 

体重をかけている時に急に割れると怪我をする恐れもありますが、ノンバーストタイプであればもし穴が開いたとしても徐々に空気が抜けてしぼんでいくタイプなので安全です。

 

バランスボールも色々なメーカーから出ていますが、ノンバーストタイプで安全性が高く人気のものを3つご紹介します。

 

①gymnic(ギムニク)

安心のイタリア製、品質の高さから世界中にファンが沢山居るメーカー。
バランスボールはイタリア発祥と言われていますし、良質・安全な良いものをと考えたら真っ先に名の上がるメーカーです。300㎏まで可能。
ポンプが付いていないのが唯一のデメリットかもしれません。

 

②Active Winner(アクティブウィナー)

ヨガなどでもよく使われるバランスボール。150㎏まで可能。
バランスボールもほとんどは中国製のものになりますが、こちらも中国製です。
浮き輪に空気を入れる時のような足踏みポンプが付いているので、簡単に調節が出来ます。

 

③ALINCO(アルインコ)

こちらもフィットネスなどで使われることが多いバランスボールです。
中国・台湾製で耐荷重は300㎏まで可能。
手で注入するタイプの細長いポンプが付いています。

 

いずれも数千円程度購入できるものが多いので、自分の身長に合わせて選んでみると良いですね。

 

バランスボールを転がすだけで、簡単に色々なエクササイズが出来るようになるはずです。

 

次のページでは、バランスボールを使うことで得られる効果についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す