暑さ対策は窓からするべき?日よけをしつつ防犯する方法とあると便利なグッズ

 

 leaves-241701_1280

 

夏になるとうだるような暑さで、どうにか今よりも少しでも涼しく過ごしたいと思うものですよね。

 

部屋の温度を低くし過ぎても冷えるので体に良くないですし、かと言って冷房を付けないと熱中症の可能性もあるためなかなか温度の調節が難しいところです。

 

家の中は、夏の暑さ対策はまずは窓から始めると良いと言われています。

 

便利なグッズも揃え、少しでも涼しく過ごせるようにしてなんとか夏を乗り切りたいですね。

 

そこで今回は、窓の暑さ対策の必要性と防犯、あると便利なグッズなどについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

暑さ対策を窓から行う必要性

 

windows-1163567_1280

 

家の暑さ対策ですが、まずは窓から行う必要があります。

 

厳密にいうと、暑さだけでなく寒さ対策にも効果的であると言えますがなぜ家の中の温度を最適に保つのに必要かというと、まず熱の性質として暖かいところから涼しいところに移動しようとします。

 

その為、部屋をいくら涼しくしても外が照り付けるような暑さであれば窓から涼しい室内に熱が侵入して外と同じような温度を保とうとします。

 

逆に室内が暖かくて外が涼しい場合は、熱は同じ温度を保とうと窓から外に出ようとします。

 

このため、しっかり冷房を付けていてもあまり涼しく感じられなかったり逆に暖房を付けていてもその割にあまり暖かく感じられないことがあるのです。

 

通常の住宅では壁には断熱材が使われているため、熱の出入りは遮断されていますが唯一窓は何も対策が施されていないことが多いです。

 

しかも、室内の熱の約7割が窓から入ってくるので窓だけしっかりと暑さ対策を行えばそれだけで十分に涼しく(暖かくも)過ごすことも可能になります。

 

次のページでは、窓の暑さ対策は防犯対策にもなる理由についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す