山芋を食べるとかゆみが起こるのはなぜ?原因とアレルギーを抑える対処法は?

アセチルコリンによるアレルギーを防ぐ対策

 

山芋には、神経伝達物質の一種であるアセチルコリンが含まれています。

摂取することで、アレルギー体質の場合気管支ぜんそくや自律神経失調症などの症状がでることがあると言われています。

 

アセチルコリンは、仮性アレルゲンと呼ばれアレルギーに似た様な症状を引き起こすことがあるんですね。

 

山芋を食べた後体調が悪く感じる場合は、アレルギー体質である可能性があります。

山芋の他にもソバやトマト、ピーナッツ、ナス、タケノコ、松茸など野菜、山菜などに多く含まれています。

 

なので、これらの食材に対してアレルギーがある人、アレルギーのような症状が出る人は控えたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

アレルギー体質ではないけれど、不安という場合は出来るだけ食べる前にアク抜きをするか加熱してから食べるようにすると良いですね。

 

アク抜きは、皮をむいてから酢水に浸けて5分から10分放置するか、2分から3分沸騰させてからザルにあげて水を切る方法があります。

アク抜きをすれば、ぬめりも取れやすくなるのでより食べやすくもなります。

 

それか、スライスして加熱して食べるなど調理方法を工夫して食べるようにするとアレルギーのような症状が出にくくなるでしょう。

 

あまり長時間茹ですぎるのも良くないですが、加熱し過ぎるのも風味を損ねてしまうので適度に焼き色がつくくらい加熱する程度が良いですよ。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

山芋を食べるとかゆみが起こる原因とかゆみを抑える対処法、治し方、アレルギーを防ぐ対策などについてご紹介しました。

 

山芋は、アレルギーを引き起こす直接的な原因にはならないようですが、アレルギーを悪化させたり誘発することがあるということなので…

アレルギー体質の場合は特に気をつけたいですね。

 

アク抜きや加熱をすればアレルギーがある人でも100%アレルギーが起こらない、というわけではないですがリスクは少なくすることが出来ます。

 

かゆみが起きた時の対処法やかゆみが起こらないようにするための対策も、参考にしていただければうれしいです‼

こちらの記事もご参考までに👇

関連:アレルギーの判断材料になるIgE抗体の数値の基準とは?下げる食事の仕方



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket