セラミド化粧品の効果とは?選び方と使い方は?

自宅で簡単に出来る作り方

 

私自身よく化粧品ジプシーをしているのですが、年齢を重ねるにつれて新しい化粧品を使ってもなんとなく肌の変化が感じられなかったり…

乾燥が足りないかなと思うことが増えるようになりました(;’∀’)

 

そういう時は、探すのではなくいっそ自分で作ったほうがその時の肌にはかなりしっくりくることがあります💡

 

自分で作るほうが、微調整もしやすいですし基本的に保存料など添加物が入っていない点も肌に優しいはず。

 

なので、もし自分の肌に合う化粧品が見つからない時や基本で使っているスキンケア以外にもう一つプラスで何か使いたい場合は自作してみることをお勧めします。

 

今使っている美容液などに混ぜて使っても良いですし、色々な使い方があると思います。

スポンサーリンク

材料

◎セラミド 数ミリ

◎植物性グリセリン 数ミリ

◎カモミールやラベンダーなどのハーブウォーターまたは精製水 100ミリ

◎お好みでエッセンシャルオイル 数滴

 

基本的にこれらの材料があれば、手作り化粧品が出来上がります。
意外と少ない材料で作ることが出来ますね。

 

量もそんなにたくさん必要ないので、高額と言われるセラミドも少量であればそこまで費用が掛からないはずです。

 

~作り方~

①ボトルにハーブウォーターまたは精製水を100ミリ入れます。

②グリセリンを1ミリ入れ、セラミドを1~2ミリ入れます。

③お好みでエッセンシャルオイルを1~2滴入れます。

④最後によく混ざり合うように振ります。

 

グリセリンは、水に溶けやすく水分を吸い取るのであまり多すぎると逆に肌を乾燥させることがある為5ミリ以下に留めるようにしましょう。

 

また、肌に直接つけるのもNGなので必ずグリセリンは容器の中でセラミドや精製水などとよく混ぜてから肌につけるようにします。

 

化粧水のような感じで顔全体に付けるのも良いですが、ほうれい線や目尻など特にシワが気になる部位につけるのも良いと思います💡

 

保存方法は保存料が入っていないので冷蔵庫など涼しい場所で保管し、劣化を防ぐためにも2週間以内には使いきるようにしましょう。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

・セラミド化粧品の効果

・選び方

・セラミドを使った化粧水の作り方

などについてご紹介しました。

 

手作り化粧品は、経済的ですし自分のお肌の状態も自分で把握できるようになるのでスキンケアジプシーの方や気に入るスキンケアになかなか巡り合わないという方には特におすすめです(‘ω’)ノ

 

どの化粧品を使ってもあまりしっくりこなかったのに、意外と自分で作ったものの方がしっくりくるということもあります。

 

また、もうちょっと保湿が欲しいという時にも重宝できると思います!

私も冬場はどうしても乾燥が気になるのですが、スキンケアを全て変えるほどではない時があります💧

 

そういう時にプラスで使うと、しっかり保湿できるようになるので普段使っているスキンケアと合わせて使うことも大事ですね。

 

自分の体質やその時の肌のコンディションもあるので、配合量はその都度多少調整するようにして様子を見ながら使ってみてください✨

 

作るのが面倒な方は、セラミド化粧品でおすすめの【TRINTYLINE】 ぜひ試してみてくださいね!



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket