霰粒腫は目薬でも治る?市販薬の選び方について

目薬で治る期間について

 

目薬を使えば、しこりがごく小さく出来始めのものであれば数週間から1カ月程度で治る人も居ます(‘ω’)

 

目薬をさすことで、細菌の侵入を防ぎ悪化を予防することでしこりが自然に小さくなるのを待ちます。

 

ですが人によっては、しこりだけがそのまま残る感じでなかなか小さくならない場合も…💧

 

しこりが出来てから時間が経っていたり、脂肪の固まりがまぶたに出来やすい体質の人の場合は治りにくいことがあるんです。

スポンサーリンク

完全にしこりが自分でもわからないくらいになるまで消えるとなると、1年から2年くらいかかることもあります(><)💦

 

しこりが大きく出来てしまったケースもあれば、繰り返しできてなかなか完治しないケースもあるからです。

 

・汗をかいてそのままにしていたり

・手を洗わずについ目をこすってしまう癖がある人

・コンタクトレンズを期限が過ぎたものを使っていたりちゃんと洗浄せずに何日もつける

など、清潔にしていないとマイボーム腺が詰まることにつながります。

 

栄養バランスが悪く不規則な生活をしている場合や、睡眠時間が短く十分に体が休まっていないことが多い人も霰粒腫が出来る要因に(^^;)

 

そのため、生活習慣を変えてみることも早く回復することにつながる可能性がありますよ‼

 

最後のページでは、なかなか目薬で治らない時の対処法とホットタオルの必要性についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket