カミキリムシにはどんな種類がある?植物から守り防除するには?

発生する時期はいつ?

log-258817_1920

カミキリムシの多くは年に1回、または2年に1回の頻度で発生し、幼虫は1年から2年にわたって幹の中を食べつくしながら成長していきます💡

 

その為、知らず知らずのうちに気付いたら内側から植物が食い荒らされていた、なんてこともよくあるんですね…💧

 

植物の外についているのであれば、まだ比較的容易に見つけられますが中に居たらまずわからないですからね(;’∀’)

スポンサーリンク

基本的には、成虫が居ればその近くには卵がある場合が多いです。

発生時期としては、5月から9月頃までの間で特に6月から8月くらいまでがピークとなる場合が多いかと。

 

この時期には食べて住み家にする植物を見つけて出没するようになるので、気を付けたいですね。

 

見つけたら駆除することも大事なんですが、そもそもカミキリムシが植物を食い荒らせないようにする対策も大切。

 

最後のページでは、一般的な防除方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket