鏡開きはいつやるべき?関東と関西では日にちが違う?意味や由来は?

鏡開きの由来について

 

鏡開きの由来ですが、武家社会の風習からきていると言われています💡

武士である男性は鎧や兜に餅をお供えして、女性は鏡台に供えたお餅をそれぞれ食べていたことが始まりです。

 

今はあまり関係なく、楽なので普通に包丁で切って食べることが多いと思いますが…(´・ω・)

 

昔は包丁などで切ることは武家社会で言う腹切りを連想させるので、切らずに手や木槌で叩いて割っていました。

スポンサーリンク

その様子から鏡割りとも呼ばれるのですが、「割る」「切る」同様に縁起の悪い言葉となっています💦

 

なので鏡開きと言うほうが縁起が良いのでよく使われますね。

披露宴などのお祝い事の時は特に、「鏡開き」が使われることが多いですね。

 

武家社会の風習から来ている、というのも日本らしい文化の一つですよね(‘ω’)ノ

 

最後のページでは、鏡開きはいつ行うべきなのかについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket