馬蹄が幸運を意味するのはなぜ?アクセサリーで身につけると良い理由

幸運の証と信じられるようになった由来

 

馬蹄が幸運のシンボルとして広く知れ渡るようになったのには、地域によっても違い諸説あるようです。

 

ヨーロッパの中部や西の方では、

・戦いの時に、馬に乗りながら鉄器で相手を倒したこと

から、邪悪なものは鉄を嫌い馬にも弱いということで馬の金属の蹄鉄が勝利や幸運をもたらすと信じられるようになったという説があります。

 

イギリスでは、

・悪魔に馬蹄の故障を直すよう頼まれた鍛冶屋が、修理を引き受ける代わりに馬蹄が扉にある家には中に入らないという決めごとを提案して悪魔除けになった

という話も。

 

ヨーロッパでは、悪魔が関係した話は多いですが馬蹄も悪魔がやってこないようにする為のものと考えられることが多いです💡

 

また、馬蹄を作る時に金具を固定する時の鋲の数が7個であることが多くラッキーセブンを意味するから幸運のシンボルになったという説もあるよう。

スポンサーリンク

色々な説がありますが、日本でも馬自体縁起の良い動物として知られ古くから愛されています。

 

馬は勢いよく風のように走る姿が格好良い動物ですが、そのたくましく凛々しい姿から出世、開運の象徴とされてきました✨

 

特に、馬は右から乗ろうとすると倒れてしまいますが左から乗ると倒れないことから左馬は特に縁起が良いもの。

 

こちらの記事でもご紹介していますが、扇子の柄も馬のものは縁起が良いと好印象なことが多いです👇

参考:お洒落な男性用扇子の選び方。ビジネスマナーで気をつけることとは?

 

商売繁盛、千客万来といったように事業でも縁起が良いこともあり、そんな幸運の意味合いの強い馬が使う蹄鉄だからこそ、馬蹄も当然幸運をもたらすと考えられるのも自然なことかもしれませんね(´ω`)

 

馬蹄は、家のドアや部屋の中に鉄でできたものを留めておくと良いと考えられていますがアクセサリーとして身につけると旅行先、出先でも魔除けの力を発揮してくれそうです。

 

最後のページでは、身につけると良い馬蹄のアイテムについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3

スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocket