冬至の定番「ゆず風呂」の効果と作り方は?赤ちゃんでも大丈夫?

citrus-fruits-648317_1920

日本人にとって毎日の入浴・お風呂はもはや文化の一つですが、日本では昔から冬至の日にはゆず風呂に入るという習慣があります。

 

これはいつから始まったのかというと、江戸時代には既に習慣になっていたと言われていて、寒い冬に備えてゆずを入れたお風呂にゆっくりと浸かることで風邪を引かなくなるんだとか。

 

風邪予防以外にも、ゆず風呂に入ることで他にも様々な効果があると言われています。

 

そこで、今回はゆず風呂の効果と作り方、赤ちゃんや肌が敏感な人が入る時の注意点などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ゆず風呂の効果

water-960932_1920

ゆず風呂、またはゆず湯と呼ばれたりしますが、お風呂にゆずを入れることで様々な効果があると言われています。

 

ゆずを食べる時って、多くの場合皮を取り除いて捨ててしまっていると思いますが実はその皮には沢山の栄養が含まれています。

 

ゆずの皮にはリモネンへスぺリジンといった血流を良くする成分が含まれているので、それをお風呂に入れることで体を温めてくれる効果があるようです。

 

ビタミンA,C,Eも含まれているので紫外線を浴びた体を癒し、肌を滑らかにする美肌作用もあるんだとか。

 

クエン酸も豊富に含まれているので、疲れがたまった体をほぐして代謝機能を上げてくれる働きもします。

 

また、リモネンの爽やかな香りには脳をスッキリさせてストレスフリーな状態にリフレッシュさせてくれる効果もあると言われています。

 

なので、肌を労わりながら疲れた体を癒し心も体も休まるというのがゆず風呂の魅力なんですね。

 

冷え性の人、最近お疲れ気味の人、ストレスが溜まっている人などにとっても良さそうですね。

 

こんなに沢山の作用があれば、香りも良いですしお風呂に入浴剤の代わりとしてゆずを使わない手は無いですよね。

 

次のページでは、簡単な柚子風呂の作り方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す