眉間に縦ジワができる原因は表情の癖?サージカルテープの貼り方は?

眉と眉の間の部位にある眉間は、ふと気づいたらシワが出来ているという人も多いのではないでしょうか。

 

縦に一本くっきりと入ったシワは、顔のシワの中でも特にくっきりと深いシワである場合が多いです。

 

眉間のしわは老け顔の一つであり、深いシワは疲れているような起こっているような不快な印象、怖い印象を与えてしまうこともあります。

 

肌は老化すれば自然とシワも増えますが、出来るだけ防止して若々しい肌が維持出来たらそのほうが良いですよね。

 

そこで今回は、眉間に縦ジワが出来る原因と治し方、性格との関係などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

眉間に縦ジワが出来る原因とは?

a0002_006976

眉間は、たとえ若い人であってもよく見ると薄っすらとシワが出来ていることも多い部位になります。

 

年を取れば取るほど、より深いシワへと変化していくので老け顔の要因の一つとなっています。

 

原因は色々とあるのですが、その中でも以下のようなものが主な原因として知られています。

 

○眉間に縦ジワが出来る主な原因

・表情の癖によるもの

・乾燥の影響

・筋力低下による皮膚のたるみなど

 

表情の癖というのは、しかめ面をしたり眉間にシワを寄せる仕草をよくしてしまうということです。

 

イライラしていたり、不満がある時などについつい顔に出てしまっているとシワも出来やすくなります。

 

それ以外にも、目が悪い人は遠くのものを見る時に見えにくいとよく目を細めてものを見ますが、これを繰り返していると目と眉毛が寄るので眉間にもシワが出来やすくなるのだそう。

 

そのため、自分に合うメガネを作ったりコンタクトレンズを使うことも大事です。

 

原因は必ずしも一つだけとは限らないので、その他にも乾燥や老化による皮膚のたるみなども合わさって起きることも考えられます。

 

眉間はもともとあまり丁寧にケアする部位ではないので、頬や口元、鼻、額はケアしても眉間までしっまりケアできずに保湿不足となることが多いようです。

 

そんな眉間のしわですが、性格の表れであり人相にも影響すると言われています。

 

多くの人は眉間にシワが出来ますが、出来る人も居れば出来ない人も居ますしシワのタイプも様々なものがあります。

 

片方の眉頭どちらかに一本シワが出来るタイプがあれば、中央に真っ直ぐと一本のシワが入るタイプもあります。

 

また、両方の眉頭に一本ずつ合わせて二本出来るタイプもあれば両方の眉頭と中央に合わせて三本あるタイプ、眉間に八の字になるタイプなどがあります。

 

「片方の眉頭どちらかに出来るタイプ」は比較的地味で大人しいタイプの人が多く、「中央に真っ直ぐと一本のシワがあるタイプ」は特技を磨くことで成功しますが協調性のない頑固者という人が多いそうです。

 

「両方の眉頭に出来るタイプ」は悩みが多い人が多く、両方の眉頭と中央に一本ある合わせて「三本のタイプ」は専門分野でコツコツと成果を出す研究者向きなんだとか。

 

眉間に「八の字のシワ」が出来ている人は、口うるさく愚痴っぽい人が多いと言われています。

 

眉間は、神聖な部位と言われているので幸せは眉間から入ってくると考えたほうが良いそうです。

 

その眉間にシワが出来てしまうと、幸せが逃げていってしまうのでなるべくシワが出来ないように心がけたいですね。


次のページでは、シワの治し方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す