セラミド化粧品の効果とは?選び方と使い方は?

sukin

芸能人や美容家など、肌が綺麗な人の多くが美容で何に一番力を入れているかというと保湿だったりします。

 

肌は衰えると、自然と水分量が減って筋膜もゆるむようになるので皮膚はたるみその影響でシワが出来るようになります。

 

エイジングケアには色々な化粧品が使われていますが、保湿をしっかりと行うには優秀な保湿成分であるセラミドが良いと言われています。

 

セラミドは、ヒアルロン酸のようにもともと人の肌に存在する成分なのでその分安心して使える点も人気の理由なんだとか。

 

そこで、今回はセラミドの化粧品の選び方や使い方、美肌効果などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

美肌の救世主と呼ばれるセラミドの特徴

sponge-52113_1280

保湿成分と言えば、代表的なものにヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。

 

ヒアルロン酸もコラーゲンも、市販の化粧品にも良く含まれている成分で美容整形にも使われたり色々な美容に使われています。

 

そんなヒアルロン酸は、肌の奥深くにある真皮という部分に存在する保湿成分で肌の他には関節の軟骨や目にも含まれている成分なので体にも優しいと言われています。

 

コラーゲンもヒアルロン酸同様肌の真皮層に含まれますが、その他にも骨や血管など体のあらゆる部位に含まれています。

 

そしてセラミドはというと、こちらも人の肌に存在する成分ですがヒアルロン酸やコラーゲンとは違い真皮ではなく肌の表面の表皮に存在します。

 

セラミドには、乾燥からお肌を守ってくれる高い保湿作用があり、スポンジのように水分や油分を吸収し溜めることが出来ます。

 

肌の外からの刺激や水分蒸発を防ぎ、肌のバリア機能として作用する角質層の重要成分となっているんですね。

 

ですが、ヒアルロン酸もコラーゲンもセラミドも年齢を重ねると加齢でどんどん失われていくものでもあります。 

 

更に、極度の乾燥睡眠不足食生活の乱れストレスなどによってセラミドの機能が落ちて結果的に肌を傷つけて慢性的な肌荒れが起きたり肌が敏感になることがあります。

 

なので、肌の乾燥がひどい、季節問わず乾燥しているという人も肌荒れがなかなか治らないという人は、もしかするとセラミド不足が原因かもしれません。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどは、一つ一つの分子が大きいことから化粧品に含まれていても肌に浸透しにくいと言われています。

 

皮膚の一番上は表皮から真皮まで浸透させることも難しいため、内側から取り入れたり直接注入するなどの方法でケアすることが多いです。

 

セラミドの場合は、表皮にあり分子も大きくないので化粧品でもしっかりケアすることが出来るのだとか。

 

表皮は細かいシワが出来やすいので、そういったシワの改善、シワの原因となるたるみの改善にも良いと言われています。

 

シワはシワでも、真皮までしっかりと溝が出来た深いシワの場合は化粧品だけで改善することは難しいですが頬を持ち上げると消えるような浅いシワの場合やちりめんジワなどは改善できることがあります。

 

次のページでは、セラミド配合の化粧品の選び方についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す