押し入れのカビ対策に良い掃除法は?臭い取りや予防するには?

a0002_004531

最近は、洋風な家も多くなっていますがそれでも一室は和室というところも多いのではないでしょうか。

 

そんな和室には、布団や衣類などを中心に、利用頻度が少ない日用品や季節ものなどの保管場所として活躍する収納スペースとなっている押し入れがあります。

 

来客があった時や衣替えの時など、たまにしか使わない場所かもしれませんが、カビが発生しやすい場所でもあります。

 

特に高温多湿な日が続く夏は、知らない間に気付いたらカビが生えていたということもあります。

 

カビの発生は健康にも悪影響を及ぼしますし、収納しているものを傷めてしまうことにもなりかねません。

 

そこで、今回はそんな押入れのカビの掃除方法や臭い取り、予防対策についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

押し入れのカビの掃除法

cleaning-268134_1280

押し入れって、実はどの部屋に収納するものよりも沢山のものをめいっぱい詰め込んで収納していませんか?

 

我が家も例外ではなく、上の段には布団やらマットレスやら寝具を沢山乗っけて下にはお雛様の人形やキャンプ用品など季節のものを詰め込んでいます。

 

たまにしか使わない場所だからとそのままにしていると、けっこうカビが生えてきてしまうことがあります。

 

一軒家ではあまりないかもしれませんが、集合住宅では押し入れの位置が北になると風通りが悪くカビが余計に発生しやすくなります。

 

カビを発見したら、すぐにその場で押し入れの中のものを全て取り出し乾いたペーパーなどでしっかり拭き取ります。

 

そして、押し入れの中の湿気を取る為に少し空気を入れ替えるようにします。カビが生えているということは、そこで大量の湿気が溜まっているということですからね。

 

あまり風が入るとカビの胞子が飛んで、他にも広がってしまうので勢いよく風が入らないように注意が必要です。

 

カビによる壁などの変色が気になる場合は酸素系漂白剤を粉せっけんと水でペースト状にしたものを塗りつけていきます。

 

少し時間を置いて色が落ちてきたら濡らした雑巾などで拭き取り、消毒用エタノールを噴射してその後しっかり乾燥させます。

 

色が取れない場合は塩素系漂白剤を少し塗りつけてみる方法もありますが、換気をしっかり行わないと危険なので使う場合は少量にして十分に注意してください。

 

築年数がけっこう経っている家や、長年のひどいカビの場合漂白剤を使ってもなかなか色がきれいに戻らない場合がありますがそんな時は少しやすりで削るときれいになります。

 

ゴシゴシ力を入れて擦るというよりは、表面を軽く削るような感じですね。賃貸住居の場合や壁の材質には十分注意してくださいね。

 

もし、押し入れの壁などだけでなく寝具やその他衣類などについていると他の部屋に移すると一緒にカビの胞子も運んでしまうので他にカビが生えていないかしっかり確認しましょう。

 

もし他にカビが生えているものがあれば、すぐにカビを乾いたペーパーで拭き取り出来るだけ天日干しにしてその後消毒スプレーをすると良いでしょう。

 

次のページでは、カビ特有の嫌な臭いを取る方法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す