「お足元の悪い中」を挨拶で使うには?メールの場合は?

umbrella-1031328_1920

 

お足元の悪い中、というのは例えばデパートやショッピングモールなど大きなお店に入った時によくアナウンスなどで流れたりすることがあります。

 

これは、日常的に会話の中の挨拶などでもよく使われる言葉ですがどういった使い方が正しいんでしょうか。

 

また、メールや手紙などで表現する場合はどんな文面が適切なんでしょうか。

 

そこで、今回は「お足元の悪い中」の意味や挨拶での使い方、メールや手紙などで送る時の文面の作り方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「お足元の悪い中」の意味とは?

 

rain-893090_1920

 

お足元の悪い中、というのは文字通り足元が悪い、歩きにくい、地面が滑りやすいなどといった外出に適していない環境、そういった天気の日という意味になります。

 

例えば雨風が強い日や、冬の日であれば雪の影響で路面が凍っていたり雪が溶けて地面が汚れているような状態の時を言ったりします。

 

つまり天気の悪い日にわざわざ来て頂いたという苦労を労い、感謝するためにかける言葉ですね。

 

ですが、人の捉え方はそれぞれなので場合によってはネガティブな意味として捉えられてしまうこともあるようです。

 

そんな時は、お足元が悪いという直接的な表現は控えて「お足元が滑りやすい中」だったり、「雨風が強い中」など同じような意味合いでも少し工夫した文にするほうが良いかもしれませんね。

 

お足元が悪い中…という表現は、色々な場面で挨拶として使われることも多いのでその一例もご紹介したいと思います。

 

次のページでは、挨拶で使う場合の一例についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す