ミノカサゴはどんな種類がある?刺された時の対処法・食べ方

lionfish-1430225_1920

 

ミノカサゴとは、フカサカゴ科に属する夜行性の海水魚のことを言います。

 

水中で見ると、縞模様で羽のように大きく広がる派手なヒレで泳ぐ姿はとても優雅な印象です。

 

ですが、そんな見た目とは違って人間にも攻撃することもあるたくましさも持ち合わせています。

 

見た目が綺麗で泳ぐ姿が美しいと観賞用としても人気があるミノカサゴですが、実は食用として食べられることもある魚でもあります。

 

尾びれには毒があるので刺されないように気を付けながら観賞したり食べるなどしたいですね。

 

今回は、そんなミノカサゴの代表的な種類や毒の症状、美味しい食べ方などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ミノカサゴの代表的な種類とは?

 

lionfish-1288728_1920

 

ミノカサゴの仲間には、いくつか代表的な種類があり見た目が似ているものは細かい模様や色などを観察して見分けるようです。

 

縞模様の体が特徴的なミノカサゴは、大きな胸びれと大きな口、体全体に柄が入っていますが唯一尾びれは模様が入っていません。

 

温かいところに生息し砂地などを好みますが、ミノカサゴと間違えやすいハナミノカサゴは暑いところに生息しサンゴ礁などを好みます。

 

ミノカサゴとの見分け方は、顎下や尾びれをよく観察し黒い模様が入っていればハナミノカサゴということになります。

 

また、キリンミノは尾びれの付け根にTの形をした模様があるのが特徴で胸びれ部分に切れ込みがないので通常ミノカサゴと間違えることはありません。

 

ですが、成魚になる前の小さいうちは切れ込みがないので見分けがつきにくいことがありますが尾びれの模様を確認すれば間違うことはないはずです。

 

ネッタイミノカサゴもパッと見は似ていますが、胸びれにある筋は赤や白色で黒や青などの斑点があるのが特徴になります。

 

ずっと見ていたいくらい優雅に泳ぐミノカサゴですが、尾びれの毒には気を付けたいものです。

 

次のページでは、刺された時の対処法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す