メラニン色素が増える原理。シミのもとを作らない減らす方法とは?

メラニン色素とはその人の肌の色を決める重要な要素の一つです。

 

メラニンと言えばシミの原因と敬遠しがちですが、メラニンが全くない状態だと紫外線が皮膚の深いところまで入り込んでしまいそれが頻繁に起きると、将来的に皮膚がんや皮膚炎の原因になることがあります。

 

紫外線を浴びた時点では大丈夫でも、年を取ってから病気に発展することがあるのです。

 

つまりメラニンは紫外線から身を守る為にも、ある程度体に必要な要素なんですね。

 

ですが増えすぎてもそれはそれでシミやくすみの原因になるので、あり過ぎても困るものです。

 

肌バランスが崩れても肌の健康に良くないですし、シミになるのも美容的にイヤですからね。何事もバランスが大事になってきます。

 

メラニンは、日焼けをすることで簡単に増えるものなので適度に減らすようにして大量のメラニンが生成されるのを防ぐのが一番です。

 

日焼けは毎日少しずつ浴びるものなので、メラニンは常に蓄積されやすくなっています。

 

日々メラニンを減らす対策を取っていくことで、透明感のあるきめ細やかな肌を維持することが出来るでしょう。

 

光老化によるシワも防ぐことが出来るはずです。

 

そこで、今回はメラニン色素が増える仕組みや増やさない対策と化粧品の選び方などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

メラニン色素は日焼けで沈着する

sea

紫外線を適度に浴びることは良いことで、骨を丈夫にし免疫力高め最近ではうつの予防にも良いと言われるなど悪いことだけでなく実は良い面もちゃんと持っています。

 

そのため、紫外線を浴びること=悪ではないのです。

 

しかし、沢山紫外線を浴びてしまうとメラニン色素を生み出す細胞であるメラノサイトが活発になり、同時に活性酸素と言う老化の原因になる成分も発生することになります。

 

本来は薄い色をしたメラノサイトですが、紫外線によりメラニン色素が生成されるとメラノサイトも茶色っぽくなり表皮全体に広がっていきます。

 

その為強い日差しの下、しっかり日焼けをすると肌がどんどん茶色くなっていくんですね。日焼けした直後は赤くても、段々と時間がたつにつれて全体的に肌が浅黒くなっていくのはこのためです。

 

表皮全体に広がったメラニン色素は皮膚の代謝、ターンオーバーがスムーズに行われればその後消えて無くなりますが、代謝機能が損なわれたり乱れると活性酸素の作用もあり老化が加速し部分的に色素が沈着してしまいます。

 

その沈着した色素がシミの元になるんですね。

 

シミは顔に出来やすく、特に頬や額、口の周辺に出来ることが多く個人差はありますが大体30代後半になると発生率が高くなり徐々に出来始めます。

 

紫外線だけで出来るものもありますが、ニキビや傷痕、炎症を起こした後に紫外線を浴びることでシミになることも多いんです。

 

これは、肌の再生が上手く行われなかったによって出来るものなので、肌の再生を促してあげるとシミは改善されやすいです。

参考:ターンオーバーを促進させる記事についてはこちら

 

次のページでは、メラニン色素を増やさない対策についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す