蜘蛛は小さい物でも退治するべき?アロマで簡単に予防できる?縁起の理由は?

 

家の中を綺麗に掃除しているつもりでも、たまに蜘蛛がひょこっと顔を出す時があります。

 

蜘蛛は、一般的に暗くて手入れの行き届いていないようなところを好みますが庭など外から入ってくるケースもあるので玄関やベランダ周辺に出没することも多いです。

 

蜘蛛を発見した時はぎょっとしますが、その大きさや出る場所によっては退治するかしないか決めたほうが良さそうです。

 

今回は、蜘蛛は小さいものでも退治するべきなのか、退治する場合の方法や予防法、朝と夜で縁起が違う理由などについてご紹介します。

スポンサーリンク

蜘蛛は小さいものでも退治するべき?

 

虫が苦手な人、虫の中でも特に蜘蛛が苦手という人は多いと思います。

 

小さいものであれば比較的平気という人も多いようですが、大きい蜘蛛であれば誰だって怖いはずです。

 

それが、家の中に出たのであれば一刻も早く駆除しなければと思うものです。

 

しかし、蜘蛛は基本的には家の中に出る他の害虫を食べてくれる益虫として考えられています。

 

家の中には色々な害虫が存在し、人間が出した食べ物のくずなどをエサにやってくるようです。

 

なので、キッチン周りは特に色々な害虫が発生しやすいですが蜘蛛が居ればこういった害虫を食べてくれます。

 

あとは、蛾など小さな虫が入り込みやすい照明の周辺にも虫を捕まえるために蜘蛛が侵入したり巣をつくることが多いようです。

 

その他には、小さな蜘蛛の場合窓から入ってくる虫を捕えるために壁や窓周辺に居ることも多いのだとか。

 

そのため、蜘蛛が家の中に出るということは他の害虫を捕えてくれるので蜘蛛が出たからと言って毎回その都度必ず駆除する必要はないです。

 

それでも、大きな蜘蛛が家の中を這っていたら気味悪いですしもしも接触して噛まれたらと考えたら安心できないですよね。

 

特に、寝室などゆっくり休みたい場所に出没されたら気も休まらないはずです。

 

個人的には、部屋数が多いからかワンルームのアパートタイプよりも一軒家のほうが出没率は圧倒的に高いように思います。

 

家の中で発生するほとんどの蜘蛛は無害なはずですが、毒を持っている蜘蛛も居ますからね。

 

そういった時は、蜘蛛を退治したほうが良いですが退治方法にも色々なやり方があります。

 

次のページでは、蜘蛛の退治方法、家の中に居座らせない予防法についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す