目の下に出来るクマの種類3つと原因とは?日頃の対策とクリニックでの治療法

 

 eye-1205073_1280

 

目の下には青や茶、黒色など人によって様々な色が見られる「クマ」。

 

少しあるだけでも老け顔の要因の一つになるので、クマがあることで実年齢よりも老けて見られることがあります。

 

顔全体の血色にも影響するので、疲れて見えたりなんとなく元気がないように見えてしまうこともあります。

 

そんなクマを改善して、健康的で元気な肌色にすることが出来たらメイクも決まるようになり肌の悩みも少なくなるはずです。

 

今回は、そんな目の下に出来るクマの種類と原因、治療法などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

目の下に出来るクマの種類は主に3つ?

 

acrylic-paints-174638_1920 

目の下に出来るクマは、主に青色と茶色、黒色のものがあります。

 

まず青色ですが、これは血行不良によって血液が滞ることで起き指で軽く下にクマがある皮膚を引っ張ると色が薄くなるのが特徴です。

 

茶色は、色素沈着によるものなので皮膚を引っ張ったりといじっても改善されないことが多いです。

 

黒色は、皮膚のたるみによって影が出来て目の下が黒っぽく見えているので実際に皮膚が黒くなっているわけではなく、少し上を向いてたるみが引きあがると改善されるタイプになります。

 

色でどのクマの種類なのかは大体判断がつきますが、青でもなく茶色でもなく黒でもないような場合は下に軽く引っ張ったり上を向いてみたりしながらチェックしてみましょう。

 

クマは、年齢問わず男女どちらでも起きるものですがなぜ出来るんでしょうか。

 

次のページでは、それぞれのクマが出来る原因についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す