かつおのたたきには栄養が沢山!2回ある旬の時期と作り方とは?

 

fish-market-428058_1920

 

かつおのたたきとは、かつおの表面をさっと火で炙りその後薄く切った調理法のことですね。

 

かつお節を作る時に残る部分を串焼きにしたことで誕生したという説や食中毒防止、寄生虫防止として生まれた調理法の一つという説などかつおのたたきが生まれた由来には様々あります。

 

かつおはたたきにすることで、香ばしい風味が引き出されて余分な水分が出ることで食感も上がるという効果があるそうです。

 

生の刺身とは、また違った良さがあるのも魅力ですね。

 

今回は、そんなかつおのたたきの栄養と旬の時期、気を付けたい寄生虫などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カツオのたたきの栄養

 

sashimi-220942_1920

 

かつおは、良質なたんぱく質を含み脂肪が少なく、血合いの部分にはビタミンB1やB6、B12、ビタミンD、ナイアシンや鉄分などの栄養を含んでいます。

 

血合いとは、血液色素と筋肉色素という色素たんぱく質が集まっている筋肉の部分のことを言います。

 

他にも、脳の働きをよくするDHAや血行を良くするEPA、コレステロールや血圧を下げるタウリンなども含まれていますね。

 

貧血や骨粗鬆症の予防、あらゆる病気の元となる動脈硬化の予防にも良いと言われているのだそう。

 

現代人に常に不足気味と言われるビタミンやミネラルがしっかりと摂れるので、生活習慣病対策にもなるでしょう。

 

噛み応えがあって食べやすいことから、よく噛むことで唾液の分泌を促し消化も良くなるのだとか。

 

そんなかつおのたたきが食べられる、旬の時期はいつになるんでしょうか。

 

次のページでは、美味しく食べられる旬の時期についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す