カサカサ肌は一体どうすれば治る?原因は?かゆみの対策と食べ物とは?

meeeee

乾燥肌であれば季節関わらずカサカサする時があるかもしれませんが、普通肌の人でも秋冬は空気が乾燥しやすい時期なので肌もカサカサしてしまうことがあります。

 

肌がカサつくとシワやたるみの原因にもなりますし、酷い時はかゆみや痛みが出てしまうこともあります。

 

季節関係なくカサつきとは無縁の肌であれば、秋冬の寒く乾燥しやすい時期ももっと楽に過ごせそうですよね。

 

そこで、今回はそんなカサカサ肌の原因とかゆみの対策、治す方法などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

カサカサ肌の原因

burger-874531_1920

もともと肌には紫外線やアレルゲン、雑菌など脅威となるようなものから肌を守る機能が備わっています。

 

セラミドを始めとする成分で構成されている細胞間脂質は肌の保湿要素の約8割と大部分を占めていて、肌の水分を蓄えて潤うのに重要な要素となっています。

参考:細胞間脂質の増やし方の記事についてはこちら

 

ですが、間違ったスキンケアや不規則な生活習慣、偏った食生活などが原因で肌を守る機能や保湿する機能が崩れてしまうことがあります。

 

間違った洗顔には、洗顔料を使った過度な洗顔だったりこすり過ぎなど

不規則な生活習慣には、睡眠不足やエアコンの使い過ぎ、熱いお湯での入浴

偏った食生活には、ファーストフードやインスタント食品の摂り過ぎで野菜や果物不足など

 

など日常的に肌の乾燥を招くような習慣になってしまっていることが、主な原因となっています。

 

カサカサ肌の状態が酷い場合やこれらの習慣を正しても改善されないのであれば皮膚炎の可能性もあるので皮膚科の受診も必要です。

 

しかし、多くの場合は体づくりの基盤となる普段の習慣を見直すことで良くなることも多いようです。

 

かゆみが酷い場合や明らかに炎症が起きているような場合を除いては、まずは食生活、普段の生活習慣から見直していく必要がありそうです。

 

次のページでは、かゆみの対策に必要な水分補給についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加



スポンサーリンク

コメントを残す