イオン導入にはどんな効果がある?必要な期間や回数の目安は?

 

aroma-906137_1920

 

老化は加齢とともに少しずつ進んでいきますが、いつまでも年齢関係なく美肌で居たいと誰もが思うと思います。

 

肌をケアする方法には様々なものがありますが、その一つにイオン導入というものがあります。

 

イオン導入は美容クリニックなど専門のサロンでも受けられますが、市販で売られている美容機器を手に入れることで自宅でも簡単にケアが出来ます。

 

スペシャルケアとして専門サロンで施術を受けるのも良いですし、毎日のお手入れにプラスして定期的に自宅でケアするのもまた良いですね。

 

そこで今回は、そんなイオン導入の効果と必要な期間や回数などについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

イオン導入とはどんな美容法?

 

spa-686389_1920

 

イオン導入とは、ほとんど感じないぐらいのかなり弱い電流を肌の表面に流すことで外的刺激から守る役割をしている肌のバリア機能を一時的に弱めるという美容法です。

 

そうすることで、有効成分を肌の内部にまで浸透しやすくすることが出来るんですね。

 

肌の表面は弱酸性でプラスイオンになっていますが、内部はアルカリ性でマイナスイオンが発生しています。

 

プラスとマイナスのイオンによって、肌の表面と内部では微弱な電気が発生しスキンケアなどで肌に有効成分を浸透させようと思っても、表面だけにとどまりなかなか内部まで浸透させることが出来ません。

 

そこで、イオン導入器を利用することで微弱な電流を流すことで肌の内部と表面に通り道を作り有効成分が浸透しやすくなります。

 

一般的には分子が小さく、肌の奥まで浸透しやすい「ビタミンC誘導体」「アミノ酸」「プラセンタ」「トラネキサム酸」などがイオン導入に使う美容成分として使われます。

 

反対に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどは分子が大きいためイオン導入には不向きとされています。

 

成分によっても向き不向きがあるので、浸透しやすいものを中心に使うことでより効率よく有効成分を奥深くまで届けることが出来そうです。

 

次のページでは、イオン導入をすることで得られる作用、効果などについてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク


コメントを残す