引っ越しの時の不用品回収の廃棄方法・かかる費用の目安

view-918493_1920

引っ越しの時に荷物の準備をするにあたって必要なもの不必要なものを分けますが、その時に不用品を処分する必要も出てくると思います💡

 

家具や家電、スポーツ用品などもう使わないもの、不要なものを持って行ってもしょうがないですから引っ越しと同時に処分してしまいましょう(‘ω’)ノ

 

引っ越しにもお金がかかりますし、出来るだけ不用品の処分にもお金をかけないようにしたいですよね。

 

そこで今回は、

・不用品の廃棄方法

・処分にかかる費用の相場

・出来るだけ楽にお得に処分する方法

についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

引っ越し時の不用品回収の相場

artisan-895670_1280

自分一人でも持ち運びが可能であれば、

・市役所や区役所など

・自分の住居の自治体

で処分するのが一般的です(‘ω’)

 

品目に合わせて有料のチケットを買い、指定の場所に運搬したり大きいものは分解してから出さないといけないなど手間が少しかかりますが料金は安く済みます✨

 

ですが、大きい家具や家電などは自分で運べないのでそんな時は不用品回収業者に頼むことになります。

 

処分にかかる費用の目安

 

業者によって色々なプランがありますが、出張費やガソリン代を合わせた基本料金だけで4000円から5000円ほどが相場です。

 

更に不用品を分解したり、運搬したり、休日や時間外であれば料金は割増しになります💦

 

そして不用品を処分するのに一つにつき3000円~7000円・8000円くらいの料金がかかるので、何個か処分しようと思ったら数万円かかってしまうことも💧

なるべくお金をかけずに処分出来たら、そのほうが良いですよね。

 

その場合は、引っ越し業者についでに不用品の廃棄もお願いすると良いと思います✨

 

引っ越し業者に依頼する

kosi

引っ越す時に引っ越し業者を利用するのであれば、無料で不用品を引き取ってくれる引っ越し屋さんもあるんです(‘ω’)ノ

 

引っ越しの荷物とともに、不用品も持って行ってくれるのであれば手間もお金もかからず一番良い方法ですよね‼

 

ただ、基本的には傷や汚れの少ないコンディションの良いもの中心なので年季が入った使い古したものの場合は無料での引き取りにはならない場合があります💧

 

それでも交渉することで引っ越しの荷物と一緒に見積もりを出してくれたりするので、まずは相談してみるのも良いと思いますよ✨

 

以下、不用品回収可で代表的な引っ越し業者です👇

コンディションの良いものであれば、不用品回収ではなくて買取可なものもあるので気軽にまずは相談してみると良いと思います(‘ω’)

サカイ引越センター

生活家電や工具、アウトドア・スポーツ用品などオンライン査定も可能

詳しくはこちら:http://www.hikkoshi-sakai.co.jp/faq/entry9.html

 

日本通運

子供机やタンスなど粗大ごみになるものなど

詳しくはこちら:https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/optional/garbage/

 

ハート引越センター

大型の家電や家具など

詳しくはこちら:http://www.hikkoshi8100.com/content/option/disuse.html

 

不用品回収を無料にする方法

e-commerce-402822_1920

「引っ越し業者にお願いしようと思っていたら、出来なかった💧」

「引越し業者に頼んだ後で、不用品を処分しなきゃいけないことに気付いた💦」

という場合は、コンディションが良いものなら売りに出してみましょう。

 

手間はそれなりにかかりますが、オークションや中古品専門店に出品する手段もあります💡

 

・オークションであればヤフオク

・中古品専門店であればHARD OFF2nd street

などで、不用品の出品や買取、引き取りを行っています。

 

住居の地域や不用品のコンディションによっても買取や引き取りが不可能なこともあるので、まずは近隣の店舗に問い合わせてみましょう。

 

まとめ

 

今回の記事はいかがでしたか?

 

引っ越しの際の不用品回収の相場や引っ越し業者への依頼、出来るだけ無料にする方法についてご紹介しました。

 

引っ越す時に荷物だけでなく不用品も沢山出そう…という場合は、予想以上にお金がかかったりするので参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もご参考までに👇

関連:引っ越しの準備はいつから?かかる日数と荷造りのコツとは?

関連:一人暮らしの引っ越しのやることリストとは?やる順番は?「市内編」



スポンサーリンク


このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote


スポンサーリンク

コメントを残す