晴れ女と雨女の根拠はなに?スピリチュアルでは自然霊が関係している?

 

日本では、女性に対しては晴れ女、雨女、男性に対しては晴れ男、雨男とよく言ったりします。

 

私自身、自分は晴れ女や雨女の自覚はないですが特定の友人と出かける時に限って必ず雨が降るということがあるのでその友人は雨女なのではないかと疑っています。

 

しかし、その友人も私と出かける時にだけ雨が降るようなので私も雨女のではないかと友人に疑われています。

 

そこで、一体どちらが雨女なのかなぜ雨が降るのか調べた結果どうやら自然霊が関係しているのではないかということに行きつきました。

スポンサーリンク

晴れ女と雨女の根拠はなに?

 

晴れ女の定義とは、イベントや大事な外出の予定があるなどここぞという時、晴れてほしい時には必ず晴れて天気が良いという女性のことを言います。

 

自分は雨に降られて困ったことがない、出かける時はいつも天気が良いというイメージを持っている人が多いです。

 

逆に、雨女とは晴れて欲しい時に限って雨が降ったり天気に恵まれないような女性のことを言います。

 

天気予報では晴れだったのにも関わらず、それまで晴れていた空が外出する頃になると急に雲行きが怪しくなって天気が悪くなるということも多いようです。

 

これは、何の根拠もないのですがどうやら心理学でいう認知バイアスの一種である確証バイアスというものから来ているという説があります。

 

確証バイアスというのは、これはこうじゃないか?と仮説を立てた時にそれが実際に起こる確率は低いとしても自分がそうだと思ったら疑わず検証せずに過大評価して信じてしまうという行為のことです。

 

なので、晴れ女の人もたまたま出かけた時に晴れてそのイメージが強く残るような出来事があったりすると都合の良いように解釈し自分が出かける時は晴れることが多いと考えます。

 

そして、その先入観を持つことで自分は晴れ女だと認識したり他の人に認識されたりすることで晴れ女というイメージが定着していくようです。

 

雨女の人も、雨に降られた時に印象に残るようなことがあったというだけで出かける時は雨が降りやすいのではと考えそういうものなんだと信じ込みます。

 

この確証バイアスですが、晴れ女雨女に限らず日頃からこうやってなにかと都合よく信じ込んでしまうことは多いのだとか。

 

○○すると良いことが起こる、○○した時は悪い日になる、などと自分の中で一度信じてそう思い込んでしまうことで実際にそうではなくてもきっとそうだと考えてしまうんですよね。

 

ちなみに、確証バイアス以外ではポジティブな人は晴れ女、ネガティブな人は雨女になりやすいとも言われています。

 

次のページでは、ポジティブな人とネガティブな人と引き寄せの法則についてご紹介します。



PAGE 1 PAGE 2 PAGE 3



スポンサーリンク



このエントリーをはてなブックマークに追加PocketClip to Evernote




スポンサーリンク

コメントを残す